フィリピン留学 Hub

tel:050-1148-9034
ご相談・お問い合わせフォーム

バギオ留学奮闘記!スパルタ式で英語を身につけろ!(BECI編)6日目

beci-classroom

最後の授業を迎えて

一週間長いようで短かったフィリピン留学での授業がようやく今日で終わりを迎えました。初めは、ただただ不安で仕方なかったはずなのに、終わりはとても寂しくもっと学びたい!まだ、ここにいたい!と思いました。今日、日本の友達と電話をしたとき英語を途中使ってしまい、「外国に染まったね。」と言われました。自分でも、いつの間にか日本語を英語に変換する癖がついてきたなと感じました。

また、こういわれたら、こう返事するというニュアンスも一週間の授業で分かってきました。マンツーマンの授業は、とても力がつくと一週間でも実感することができました。たまにマンツーマンの授業で伝えられない表現があり言いたいのに言えないもどかしさを感じることが多々ありとても悔しい思いをしました。考えて考えて身振り手振りで表現して伝えられない時、フィリピン人の先生は答えるまで待っててくれたり、ヒントをだしてくれたり、こうかな?と教えてくれあっ!それそれ!そういうんだ!という事が分かりスッキリします。ちゃんと最後まで言いたいことを待っててくださるので、きちんと理解することができます。

beci-teacher

こんな感じで毎日毎日繰り返し英語に触れコミュニケーションをするとスラスラ話すことができるなると本気で思いました。一週間で少しでも変わることができました。もっとしたかったです。バギオは、天気と気温がちょうどよく、また自然豊かでBECLの先生方も優しく、部屋も掃除してくれとても環境が整っていて過ごしやすかったです。

今後の人生計画

1週間のフィリピン留学をして、英語はとても重要だという事が分かりました。英語は世界の人とコミュニケーションするために必ず必要だということが実際にBECIで過ごし、実感できました。なので、今後も英語を勉強し続けていきたいとおもいました。これからの人生にこの貴重な経験が生きてくると思います。今回、学んだこと、感じたことすべて私の宝物です。

今までは、卒業したら日本で進学かアメリカ留学を考えていましたが、今回BECLで過ごしてみて自分に合ってると感じました。もし、機会があったらBECIにいきたいと思いました。 そして、英語を話せることは自分を広げ世界を知るための最強のコミュニケーションツールだということが分かりました。英語が伝わるってこんなに嬉しく楽しい!って心の底から感じることができました!

beci-challenge

私はまだまだ勉強不足ですが、今回、この企画に1歩勇気をだしてみて、挑戦して良かったです。なぜなら、数えられないくらいの人と人とのあたたかさを感じることができたし、少しでも自分に自信が持てるようになったからです。なので、もし今海外留学や何かに挑戦してみようと考えてる方は、思い切って自分で大きな一歩を踏み出して見てください!!!きっと、何かが見えてきます。
 

無料レポートプレゼント

代表あいさつ

フィリピン語学留学に関するご相談・お問い合わせ

フィリピン語学留学お申し込み

reports


お客様の声


ワウルド・スタディ合同会社
(熊本下通り相談所)
〒860-0807
熊本県熊本市 中央区下通1-12-27

(くまもと阿蘇運営事務局)
〒861-2202
熊本県上益城郡益城町田原2081-10 テクノリサーチパーク内

TEL:050-1148-9034


このページのトップへ