フィリピン留学 Hub

tel:050-1148-9034
ご相談・お問い合わせフォーム
熊本学園大学九州ルーテル学園大学熊本県立大学熊本外語専門学校熊本大学崇城大学


九州ルーテル学院大学 カテゴリーの記事


バギオ留学のA&Jで留学生インタビューを決行!

フィリピン留学インタビューを受けるA&Jの留学生

A&Jに留学中のAceさん

英語を勉強しようと思ったきっかけ

私が驚いたことは、留学生のフィリピン留学に対する目的意識が明確であることだ。私がインタビューしたのはどちらも韓国人でした。韓国といえば勉強大国。やはり、留学生の英語に対する意識はとても高かったです。

一人目のAceさんはもともと、害虫調査をする仕事をしていました。就職をした中で、何か楽しみを見つけたい!そのような理由で彼が出会ったのが海外旅行でした。彼は人とコミュニケーションをとることが大好きです。しかし、海外旅行に行った際、現地の人々との言葉の壁にぶつかり自分には英語が必要だと感じたAceさんは、海外の人々とコミュニケーションをとる手段として英語を勉強することを決めたそうです。

一方でLeoさんは、大学でエンジニアになるための勉強をしていました。将来のビジネスに欠かせなくなる英語。彼は夢のために英語を勉強することを決めました。今の私は、夢も具体的に定まらない中、留学をしたいと考えていましたがそこが留学生を私の大きな差だなと感じました。留学生の勉強に対する強い意識はこの明確な目的があるからなんです。

Josephさんは、もともと学生で教育について学んでいました。その一方で、彼は役者としても活躍していました。一時は役者の道を志してしましたが、限界を感じ、救急医療の道に進みました。しかし、医療の人生を歩む中で、世界一周をしたいという思いが彼の中で生まれ、大好きな英語をもっと伸ばしたいという思いで英語をさらに深めることを決めました。彼の場合は、英語をさらに強めるという目的です。そこが、他の人とは違い、面白いなと思いました。

 

彼らの夢。フィリピン留学はあくまで通過点!どう生かしていくのか?

彼らにインタビューをしていく中で、フィリピン留学はあくまで通過点なんだ!と気づかされることがたくさんありました。

Aceさんは海外旅行でのコミュニケーション手段として英語を学ぶ一方で夢のために英語を学ぶという理由もありました。彼の夢はUFC Fighterになることです。海外で活躍するために英語をさらに必要になってきます。そこで彼が選んだのがフィリピン留学です。彼はフィリピン留学で、基礎を身に着けたいそうです。彼はもともと英語が得意ではなかったため、フィリピン留学の強みの一つであるマンツーマンレッスンにより1から英語を学び自分の問題を1つ1つクリアにしたいと言っていました。

彼はフィリピン留学を終えた後オーストラリアに留学します。オーストラリアに留学するための縦鼻段階としてもフィリピン留学を選んだそうです。まずは、フィリピンで基礎を身に着け、そこから、欧米留学にもチャレンジしたい!というのが彼の人生計画です。

Leoさんの夢は、大手企業に就職し、そこで英語を使ったビジネスを展開することです。彼は、このフィリピン留学で主にTOEICを学んでいます、それもやはり大手企業に就職する際のアピールポイントにするためです。彼は、フィリピン留学のマンツーマンレッスンでのTOEIC強化によって、一般的なグループ授業とは違い、分からない所をスピーディに解決し、さらに短期間でのスキルアップを目標としています。

Josephさんの夢は、スパーマンになることです。最初は、え??と思いましたが、話を聞くととても深かったです。彼の中のスーパーマンとは、できる旦那と偉大な父です。その根底にあるのが仕事。そして、人の役に立つことができる人材になるのが彼の夢です。彼は今までたくさんの幅広い経験をしてきました。その彼だからこそ、目指すところがスーパーマンになるんだなと思いました。

私は今回のインタビューで初めて誰かに夢について語ってもらいました。そこで、感じたことは知ることの大切さです。世界にはこんな人がいるんだ、自分はまだまだ努力が足りないんだ、もっと頑張らなきゃ!という気持ちになりました。知らないって怖い、知ることで相手を知り、知識を学ぶこともできますが、自分を見つめ直すこともできます。さらに、今回は夢という深い話を聞かせてもらい、改めて自分自身の夢について考えました。

フィリピン留学インタビューを受けるA&Jの留学生

A&Jに留学中のLeoさん

今頑張っていること

AceさんそしてLeoさんが今、フィリピン留学で力を入れているのは、Speakingです。どちらの夢も必要となってくるのはSpeaking力です。Leoさんに関してはSpeakingの他にコミュニケーション力も必要となってきます。というのも、彼は将来大手企業に就職し海外の顧客に接客をしたいと考えているからです。そのために彼が力を入れているのは、留学生に英語を英語で教えることです。

彼は、1日の授業が終わった後で、自分の授業を開いています。英語を教えることはただでさえ難しいのにも関わらず彼の教え方は分かりやすく、何より面白いそうで、とても人気があるそうです。この取り組みにより、彼はSpeakingに力を入れるだけでなく、将来顧客に接客する際に必要となってくるコミュニケーション力も身に着けています。

このように、自分の目標に向かって具体的な取り組みをしている留学生にとても刺激をもらいました。やはり大切なことは、毎日自分と向き合い、何が足りてなくて、何をするべきなのかを考えることだと思いました。

壁にぶつかった時どう乗り越えた?

Josephさんは英語を1つのスポーツだと考えています。英語の学習を続けていく中で思うような結果がでなかったり、うまくいかないことが増えた時にスランプに陥る。Josephさんは、今までできていたことが急にできなくなった経験があったそうです。そんな時に、彼がしたことは英語について何も考えないことです。英語を楽しんでみたり、さらに勉強するのも良いことだが、一回英語から離れることで英語を勉強と思わないようにし、勉強を自分に押し付けないことがスランプを乗り越えるきっかけになったそうです。

そしてその後に彼が心がけたのは、英語を楽しむことです。洋楽や洋画を見ることによって、自分もこうなりたと思う気持ちが出たり、英語との距離を置くことで自分と向き合い、自分に何が必要なのかが見えてくるそうです。これにより、モチベーションが高くなり、スランプを認めることに繋がります。すると、自然とスランプを良い休憩期間だと考えることができます。Josephさんから、スランプは伸びる前の捧げだからきっと大丈夫!!という励ましの言葉をいただきました。

フィリピン留学インタビューを受けるA&Jの留学生

A&Jで留学インタビューを受ける日本人マネージャーのジョセフさん

Motto(モットー)

Aceさんのモットーは、Enjoy my life, think about positive thingsです。彼はこのモットーがあったからフィリピン留学をしようと決めることができたそうです。彼は掴んだ仕事を辞め、人生をもっと楽しみたい!という気持ちを大事にし、留学を決意しました。また、英語学習の結果がうまくいかなかった時などは、外に出かけることでいったん英語から離れて息抜きをするそうです。

LeoさんのモットーはControl myselfです。自分のことは自分が一番分かっている。だからこそ、自分でできることを精一杯することが彼の重要なポイントとなっています。そして、これに加えて彼は時間を大切にしています。今過ごしている生活の一瞬一瞬に集中することが人生の糧になっていくと彼は語っていました。彼の真面目さはこのモットーから伝わってきました。

 

バギオA&Jの留学生の夢を聞いてきた

フィリピン留学インタビューを受けるA&Jの留学生

A&Jで留学インタビューを受ける田中さん

A&Jの留学は世界1周旅行のために

私が一人目に取材させてもらったのは、日本人留学生のたなかよしゆきさんです。香川県出身21才の大学3年生で、現在は休学をしてこのバギオに半年間留学に来ているそうです。

なぜ留学をしようときめたのかということを質問すると、たなかさんはみんなのようにちゃんとした目標は持っていないと答えました。詳しく聞いてみると、自分の夢である世界1周旅行をするために必要な英会話力を身につけたいとのことでした。100万円で行ける世界1周旅行と書いてあるポスターを見て、行ってみたいとおもったそうです。そこで英語ができたらいいなと感じたそうです。また自分がもっているゲームがすべて英語表記になっているので、それを理解できるようになりたいと思ったことが英語を学習したいと思ったきっかけになったそうです。そこでたなかさんは、大学の留学課を訪れ、何か留学のパンフレットがないか見ていたところ、フィリピンの留学を発見し、決心したそうです。

主な理由として、フィリピンの留学は欧米と比べて安いかったのが決め手となったそうです。世界1周はお金を貯めてから叶えるそうです。たなかさんの夢は、英語を使って世界中の子供をサポートするような仕事をしたいそうです。1つでも特化したものを身につけて自信につなげたいとおっしゃっていました。

たなかさんにインタビューをして思ったことは、何事も行動することが大切だとかんじました。夢は夢のままで終わらせずに叶えるために自分にはなにが必要なのかということをかんがえなくてはいけないなと気付かされました。自分のやりたいことをやって夢にむかっているたなかさんがとてもかっこよかったです。

フィリピン留学インタビューを受けるA&Jの留学生

A&Jで留学インタビューを受けるY.Iさん

看護師を経験しA&Jへ留学

私が2人目に取材させてもらったのはY.Iさんです。東京出身で28歳の女性の方です。元看護師で、現在は仕事を辞めて留学に来ているそうです。

看護師を始めてから、英語を話せるようになったらもっと仕事で活躍できるとおもったYさんは1年間オーストラリアに留学することを決意したそうです。留学を終えた後にまた看護師の仕事に復帰したそうなのですが、1年間留学をする中であまり英語力を身につけることができなかったとおっしゃっていました。

また2020年にあるオリンピックで多くの外国人が訪れ、英語を話す機会が増えると思ったYさんはもう一度留学をしたいと決心したそうです。自分の英語力を本気で伸ばしたいと思ってから短期間で安い費用で留学することができるフィリピンを選んだそうです。中でも、バギオはスパルタで特に安く、自分が理想とした環境だと思い選んだそうです。

Yさんの行動力と常に自分を成長させようとする強い姿勢をみてとても刺激をもらいました。看護師という仕事を2度もやめて留学をしているYさんをみて、それほど留学をすることは人生において価値があることだと感じました。色々な経験をされたYさんはとても気さくで優しく余裕があって本当に素敵な方だと思いました。

この学校を選んで、タイトなスケジュールは大変だけどなれたとおっしゃっていました。3ヶ月このバギオに留学をするそうなのですが、きっとYさんの英語力は伸びると確信しました。刺激をもらえる留学生の人たちと一緒に勉強できる環境はとてもすばらしいと思いました。

フィリピン留学インタビューを受けるA&Jの留学生

A&Jで留学インタビューを受ける日本人マネージャーのジョセフさん

経験豊富なA&J日本人サポータージョセフ

私が3人目に取材させてもらったのはA&J Baguioの日本人サポーター田島直人(ジョセフ)さんです。東京都生まれ埼玉育ちの30歳男性です。主に学校ではマネージャーとして働きマーケティングもやっているそうです。また日本人の留学生のサポート対応をしたり、講師として英語をおしえたりしているそうです。

またカメラマンをしたりビデオをつくったりマルチな活動をされています。大学では教育学部にはいっていて先生になる予定だったらしいのですが、俳優をされていたそうです。しかし俳優はやめて救急病院で働いたそうです。そこで夢である世界1周旅行をしたいなとおもってから、英語を身につけないといけないとおもったそうです。留学をしようと思いフィリピン留学を選んで5か月間バギオで留学をし、現在日本人サポーターとして働いているとのことでした。英語を勉強するのに限界をかんじたジョセフさんは、実践しながら英語をさらに身につけようと思ったそうです。

机の上の勉強や、学校で過ごしていても変わらないとかんじ、インターンとして学校で英語の勉強をしながらスタッフとして働きだしたそうです。留学をする前は、英語で仕事をするとは一切考えてなかったとおっしゃられていました。

留学をする前に、日本のことについてもっと学んでおけばよかったと感じたそうです。日本の政治や歴史に関して、興味を持って外国人からきかれたら答えられるようにすることの大切さを感じたそうです。また日本を出て、日本人であることのアイデンティティを持つようになったとおっしゃっていました。日本にいたら気付くことはなかったし、周りの外国人とくらべて初めて日本人だと分かるものだそうです。また英語ができないから聞かれたことにこたえられないのではなく、自分の中身がないから答えられないということも感じたそうです。英語の勉強はもちろんですが、常に自分の意見をもつことが大切だと教えてくださいました。

フィリピンのバギオを選んだ理由は安いし、マンツーマンの授業もあるからだったそうです。英語を学ぶようになったのは小さいころから英会話教室に通っていたことがきっかけだそうです。その頃は英語を純粋に楽しんでいたそうです。しかし高校にはいって英語の勉強がわからなくなり嫌いになったそうです。しかし大学受験を通して英語を勉強しなおして得意科目になり再び好きになったそうです。

田島さんの夢はスーパーマンになることだそうです。スーパーマンとはできる旦那と偉大なオヤジになるという意味だそうです。この二つがあっていい仕事をするこができるし、家族を思うことが大切だとおっしゃっていました。

英語は右肩上がりに上がることはなくていきなりぐっとあがる。英語にもスランプがあるから、その時は一度英語から離れてみることも大切だそうです。ジョセフさんは留学時代に宿題をすることがほとんどなかったそうです。自分が学ばなければいけないことが分かっていたからだそうです。スランプの時期は伸びる前の球形の時間だとおもって受け入れることが大切だとおっしゃっていました。

田島さんはいろいろな経験をされていて本当にインタビューをしていて楽しかったです。何事にももの応じせずに挑戦されている姿は素敵だなと思ったし、将来何が起こるかわからないと思いました。留学をして得ることは少なくともぜったいあるし日本にいるだけじゃもったいないなと強く思うようになりました。インタビューをしていろいろ刺激をもらいました。貴重なお話をきくことができてほんとうによかったです。

バギオでオススメのアットホームな語学学校A&Jを取材!(坂井レポーター8日目)~目的意識~

A&J最後の日

 

ついに帰国日!!

短くて濃い1週間が終わりました。朝、目を覚ますと寂しい気持ちでいっぱいでした。バギオの空は今日も綺麗な青空で回りの緑とよく合っています。この青空とも今日でお別れです。しっかりと目に焼き付けました。帰りは、バスで7時間かけてマニラに向かいました。

バギオの青空

7時間の移動時間はとても長かったですが、この移動時間でたくさんのことを考えていました。フィリピン留学に行く前の私は、毎日の生活に目的意識を持たずただ英語を勉強していました。しかし、今回の留学を通してこれまでの私の毎日は勉強とは言えなかったのではと気づくことができました。自分に合った勉強を見つけ、さらに目的意識を持つことで初めて勉強をすることができます。それに気づかせてくれたのがフィリピン留学です。

さらに、朝の8時30から夜の22時までマンツーマンレッスンや、グループディスカッションをしたことで英語に専念し、追い込み、自分に何が足りなくて何をどう改善していくべきなのか少しずつ見えてきました。とても短い1週間という期間でしたが、これだけの収穫がありました。だからこそ、また行きたい!フィリピンで英語を勉強したいと思う気持ちが強くなりました。

飛行機の中から

留学生の中には、一度バギオで留学して帰国してから再度留学をしに戻ってきた人や、最初は日常会話も分からなかったが3か月たった今では、日常会話以上に友達の英語の勉強の手助けをしているという人などフィリピン留学をしたことで人生が大きく変わった人はたくさんいました。私も、その中の一人になりたいです。日本帰国した今私の心は、彼らに負けたくないという気持ちといつかバギオに戻り英語を勉強したいという気持ちでいっぱいです。この思いを絶対に忘れずに、これからの英語学習に繋げていきたいです。

バギオ大好き

 

帰国後

ついに日本に到着しました。着いた時の率直な感想は、現実に戻るのかぁという寂しい気持ちでした。つまり、1週間のフィリピン留学がとても楽しく自分のためになったということです。フィリピン留学をすることができて本当に良かったと心から思います。

たった1週間という短い期間ではありましたが得たことはたくさんありました。出会ったバギオの人たちの優しさや、講師の先生との授業、留学生の勉強に対する意識の高さです。毎回の授業があっという間で、得ることがたくさんありました。それはやはり、自分に合った授業であり、マンツーマンレッスンだからこそです。私は、講師の先生の話を1分1秒も聞き逃したくなかったので携帯のボイスレコーダーで録音していました。それほど講師の先生の言葉は、私の心に響きました。私が一番印象に残っている言葉は10%の文法理解と、90%のスピーキング練習という言葉です。文法を勉強することも大事だが、それ以上にスピーキングの積み重ねによって英語力を身に着けることが大切だと講師の先生からアドバイスをもらいました。この言葉を根底にし、これからの日本での英語学習に力を入れていきたいです。

 

ついに帰国

 

1週間をみんなにシェア!

帰国して、まずやりたいことは友達にフィリピン留学も体験をシェアすることです。このような素晴らしい体験をもっと友達とシェアしたいと強く思っています。フィリピン留学、、、聞いたことはあるけど実際どうなんだろう。そう思っている人はたくさんいると思います。現に、私の友達もそうです。また、セブ島留学ではなく私が行ったバギオ留学の魅力も伝えていけたらなと思います。

クリスマス

 

これで終わりじゃない!

無事帰国し、家に帰ると講師の先生やスタッフの方々そして留学生からたくさんのメッセージが届いていました。どのメッセージにもこれからも連絡を取り合おう!という言葉が書いてありました。たった1週間という短い間でも迎えてくれて、このような言葉をかけてくれるバギオのみんなの温かさに感動しました。このフィリピン留学は終わりじゃなくて始まりなのです!!

手紙

次、バギオに戻る日までやるべきことはたくさんあります。まず、初めに日本についてよく知ることです。授業の中でお互いの文化を紹介し合う場面がありました。そこで私は相手の興味を引くようなことが言えませんでした。これは帰国後の反省点でもあります。自分の国に誇りを持ち、なおかつ知識を得、それを伝えることで他国の人々と情報を共有することができ、それは互いの国を高め合う良い機会にもなります。これは次、海外に行くときに役に立てたい1つとなりました。

次にインプットに力を入れることです。留学をするためには、準備が必要となります。今回のフィリピン留学は学ぶことがほとんどでインプットとアウトプットのフル回転で頭の中は大変でした。しかし、日本人スタッフさんから留学先でやることと、留学前にやらなければならないことを見つけることの大切さについてお話しを聞きました。留学先ではインプットしてきたものをどんどん使うこと!そのために留学前に、インプットをする。これがこれからの私に必要なことなのです。留学をより効率良く進めるために今これからが始まりなのです!

お見送り

バギオでオススメのアットホームな語学学校A&Jを取材!(坂井レポーター7日目)~バギオづくし~

バギオのタクシー

 

最後のタクシー

今回、バギオ周辺の移動手段のほとんどはタクシーでした。バギオのタクシーは日本のタクシーとは違って大きいです。また、料金がとても安いのでタクシーはバギオの人々にとって大切な生活の一部となっています。そのため、学校から町の方まで行くのになかなかタクシーが捕まりませんでした。やっと、タクシーに乗って学校から町の方まで行きます。バギオは標高1392メートルの高原地帯に位置しているので町に行くまでの景色は最高でした。また、バギオのクリスマスシーズンは12月1日から1か月近くまであります。そのため町の装飾はクリスマスでいっぱいになっており、どこを切り取っても絵になるので、短い移動手段でも楽しむことがでました。

ヒッチハイク

 

 バギオ1の高級ホテルで朝食

やってきたのはバギオ1の高級ホテル、The Manor at Camp John Hayです。入り口へ行くと高級感溢れる建物と優しいホテルマンに迎えられました。ホテルの中はクリスマス一色になっており、言葉では表せないほど感激しました。私たちはこのホテルで朝食を食べました。バイキング形式のレストランで高級ホテルのレストランというだけあって味はどれも最高でした、、、。味も最高でしたが、ここで働いているウエイターの方々の接客も素晴らしかったです。このようなホテルで将来働くことができたらすごく良いなと考えていました。

 高級なレストラン

 

緑に囲まれたテラス付きのスターバックス

次に向かったのはバギオで一番古いスターバックスです。バギオといえば、緑あふれる自然をイメージします。ここのスターバックスはまさにバギオをイメージさせる最高のスターバックスなんです。緑に囲まれ、落ち着いた静かな場所にあります。外にはテラスがあり、気持ちの良い風を感じることができます。そして何より、値段の安さに驚きました。日本では1杯500円ほどしますが、フィリピンでは250円ほどで飲むことができます。値段の安さに感激した私は、初めてのベンティサイズにチャレンジしました。海外のスターバックスは飲み物を受けとる時に名前で呼ばれます。私はこれも1つの楽しみにしていました。海外にいるんだなと改めて嬉しい気持ちになりました。

 バギオのスタバ

 

観光客だからできること

次に向かったのは、Mines View Parkです。ここではお花屋さんで買った伝統的な花飾りを頭と首にかけて観光しました。これは観光客だからこそできることですよね。観光しているとたくさんの人に声をかけられました。バギオの人たちは、目が合うとにこっとしてくれたり挨拶をしてくれます。これはやはり、過ごす環境にあると思いました。私の中でバギオは緑に囲まれ時間の流れがゆったりとしているイメージです。だからこそ、こんなにも人がフレンドリーなんだなと気づきました。

花飾り

 

講師の先生・日本人スタッフの方とDinner

夜は、アメリカ人講師の先生と日本人スタッフと一緒に夜ご飯を食べに行きました。アメリカ人講師の先生とはプライベートではあまり交流できていなかったので、このようなお食事の機会をいただいてとても嬉しかったです。このお食事会で、アメリカ独特の英語の言い回しを教えてもらったことが私にとても思い出になりました。このような楽しい時間を過ごしていく中でふと、明日で終わりなのかと寂しい気持ちもあり、たくさんの人に感謝の気持ちが強くなりました。

一緒に食事

バギオでオススメのアットホームな語学学校A&Jを取材!(坂井レポーター6日目)~今までと違う自分~

A&J最後の授業

 

最終日を迎えての感想

いよいよ授業が終わりました。今日の授業は特に中身の濃い授業となりました。最終日ということで、授業の内容は人生についてでした。これからやりたいこと、そのために今自分に足りないこと1つ1つを講師の先生と話し合うことができました。私は、このフィリピン留学でやろうと思っていたことがありました。

それは、講師の方々の人生のモットーを聞くことです。私はモットーを持つことは自分の人生を豊かにする1つだと考えています。そこで講師の方々にモットーについて語っていただきました。どの講師の方も大切なことは、たくさんのことを知り、経験し、限界まで諦めないことだとおっしゃっていました。人生は短いのだから、今この瞬間を精一杯大事にし、頑張ることの大切さに気づくことができました。

マンツーマン授業

 今回のフィリピン留学を通して、本当に来てよかったと心から思いました。特にマンツーマンレッスンは、短い日数ではありましたが確実にレベルアップできるなと思いました。自分に合った授業、そして素晴らしい講師の方々と一緒に授業ができたことに感謝しています。さらに、授業を通して改めて自分と向き合うことができ、まだまだ努力が足りないなと気づくことができました。それは、授業だけでなく留学生からも気づかされました。私は初日の、ディスカッションで驚きと同時に焦りと悔しさを感じました。留学生の英語に対する意識の高さ、自分の意見をしっかりと持っているところを知ったことで刺激をもらいました。

お手紙

 

 今後の人生計画

このフィリピン留学を終えて私の人生計画は180度変わりました。そうです、フィリピン留学をしたいという計画へと変わったのです。この1週間を通してマンツーマンレッスンは自分に合っていると思いました。というのも、私は人前で物事をはっきりと言える性格ではないからです。

また、マンツーマンレッスンは自分が分からない所を1つ1つクリアにすることができるからです。私は、このマンツーマンレッスンにより授業を聞くという行為だけでなく、私も話すことができることに魅力を感じました。何回かの授業でしたが、どの授業も得るものがとても多かったです。だから、次は長期間行きたい、そして何より勉強したい!もっと成長したいと思う気持ちが強くなりました。こう思う背景には、講師によるマンツーマンレッスンの他に、確実にレベルアップしているという現地の留学生の話を聞いているからです。

今の私は、どこかこれまでの私と違うような気がします。やる気に満ち溢れているのです。これからの私は、インプットの毎日を続けようと思っています。というのも、留学中に受けた授業のほとんどで自分の意見を問われることが多かったからです。意見を問われるということは、それに関するVocabularyや知識が必要となってきます。そこで、留学前にすることがインプットなんです。留学先でアウトプットをどんどんすることで、私の英語力はそこで初めての伸びてくると思うし、それは自信にも繋がります。

私の強みはSpeakingです。だからこそ、今から鍛えることはSpeakingを支えるVocabularyと意見を考える力です。フィリピン講師の先生から、意見を考えそれを書くようになる方法は教えていただきました。日本とは違った、フィリピンの素晴らしい英語教育を私もこれからの勉強に取り入れていきたいです。

次の計画として考えているのは、国際交流をする機会をもっと増やしていくことです。私は、フィリピン留学で留学生との大きな差に気づきました。そしてその時味わった悔しさをとても覚えています。この気持ちは絶対に忘れません。なぜなら、この気持ちはこれからの私の成長を助ける材料になるからです。

大きな差というのもたくさんありましたが一番は発言する力と意見を臨機応変に言えるようになることです。留学生の発言力に驚きましたが、それ以上にディスカッションを円滑にしようと言葉を投げかけてくれる留学生にもっと驚きました。ここまでの差は、何かと尋ねるとやはり返ってきた答えは練習!!の2文字でした。

日ごろからの積み重ねはやはり大事ですよね。私は大学で英語を専攻しており、授業の中にはディスカッションももちろんあります。しかし、今回のことがあって自分にはまだまだ練習が足りていないことに気づかされました。そのためにも、これからはもっと国際交流をする機会を増やそうと決めました。フィリピンでできた友達や講師の先生方と連絡を取り合うことはもちろん、地元にいる海外の友人とももっと交流を深めていきたいです。

手紙

 

 モットー

私には人生の指標としている言葉があります。それは、A dream you dream alone is only a dream, A dream you dream together is reality.この言葉がやっと活きてきた気がします。フィリピンでの経験は夢をみんなで見ることを叶えてくれました。一人で見る夢はただの夢でしかないんです。周りの環境や支えてくれる人たちがいてやっと夢を見ることができるのです。このモットーを胸に、いつかまたバギオに戻りたいと強く思います。この1週間すべてに本当に感謝しかありません。この気持ちを大切にそして、無駄にしないようこれからの人生に役立てる素敵な経験にしたいです。

レター

バギオでオススメのアットホームな語学学校A&Jを取材!(坂井レポーター5日目)~見習うべきもの~

A&J韓国人と食事

 

留学生と過ごしてみて

留学生は主に、韓国人です。私が、学校に到着しロビーにいると留学生が声をかけてくれました。みんな家族という感じでアットホームな雰囲気があります。授業の合間や、学食にいる時も毎回楽しく交流しています。こんなにもフレンドリーに接してくれるのも、少人数制のA&Jの良いところであり留学生との絆も深めることができます。

ディスカッション

 

留学生との授業

今回、留学生との授業をして私は衝撃を受けました。彼らは、分からないことがあればはっきりと先生に質問をします。例えば、分からないフレーズがあれば講師に質問しますよね。しかし、彼らはそのフレーズを他の場面でどう使うのか、さらには、また別のフレーズを提案したりします。彼らの勉強に対する意識はとても高いなと思いました。

ディスカッションの場面では自分の意見をしっかりと持ち主張します。また、私が困っていると、質問を問いかけてくれます。私は、自分と留学生との勉強に対する意識の違いの差に驚きとショックを受けました。SpeakingやGrammarの前に私に必要なのは、何事にも挑戦することだと思いました。まずはやってみることから始める。そこから、経験と自信をつけたいです。

私のStrong pointは物事をじっくりと考えることです。そのため Weak pointは、答えを出すまでに時間がかかってしまうことです。今回のディスカッションの授業を受けて、私の弱みはさらに浮彫りになりました。この弱みを解決するために必要なのは、練習です。日常生活の中でも、常になんで?という疑問を持つこと。そこから、自分なりの意見を持てるようになりたいです。

また、前日のレポートにも書いたようにフィリピンの学校の英語の勉強法も取り入れていきたいです。Writingに関して言えば、1つのトピックを決めてそれに対する意見を紙にアウトライン形式で書く。これだけでも、意見は明確になりまとめやすくなる。さらに、Writingで大切なことは、聞き手の気持ちを考えることだ。どんなに正当な文章を書いても、読者が興味を持たなければ意味がない。そこで大切なのは、アウトラインを書いた後の文章作りである。Writingは、自分でコーディネートしなければなりません。ただ、同じパターンの文章を書くのではなく伝え方を変えてより読者の興味を引き出すようなテクニックを身に着けたいです。

講師と一緒に

 

講師の先生との出会いに感謝

私のフィリピン人講師に関しての留学前のイメージは、とにかく厳しい!です。マンツーマンレッスンで1日6時間以上の勉強ということで私の頭はとにかくスパルタ!!というイメージしかありませんでした。しかし、このイメージは学校に来た初日から真逆に変わりました。目が合うと誰もが笑顔で話しかけてくれます。また少人数ということで、名前を覚えてもらうことができました。特に、マンツーマンレッスンは私のイメージを大きく変えました。授業を進めていくと同時に講師の方々と将来の夢や英語の勉強法などの人生相談をする機会が何度もありました。マンツーマンレッスンをすることにより、講師と生徒の絆はより強くなり意欲の向上にも繋がります。このような、最適な環境のもとで英語に専念できるのはとても幸せなことで、改めてこのフィリピン留学に感謝しています。

バギオでオススメのアットホームな語学学校A&Jを取材!(川原レポーター8日目)~また戻りたい~

A&J田島さんに見送られて

 

帰国日

 ついに学校を去らなければいけない日がやってきました。学校にいる留学生の方や、掃除や料理を作ってくださっていたフィリピン人の方々とお別れの挨拶を交わし学校を去りました。本当に日本に帰りたくなかったし、可能ならばずっとこの学校にいて勉強を続けたいと心の底から思いました。それほど私にとってこのA&Jはホーム感が強くて、家を出てしまうような悲しさを感じました。

1481205401759

 

帰国するまで

 まずバギオ市内で朝食をとりました。落ち着いたオシャレなカフェでハンバーガーを食べました。とても美味しかったです。そしてバスでマニラ空港まで移動しました。渋滞の影響もあって7時間ほどかかったのですが、バスからみえるバギオの壮大な景色や街中をみたり、この1週間を振り返ったり、仮眠をとったりしていたので疲れはそんなに感じなかったです。また車内もとても快適で冷房がとてもきいていたのですが、リラックスして過ごすことができました。

 マニラ空港第3ターミナルについてそこで日本人サポーターのジョセフさんとお別れしました。たくさんお世話になったのでお別れを言うのが本当に悲しくてつらかったです。

空港内にあるバスで第1ターミナルに移動しました。フライトまで時間があったので、空港のスターバックスにいって軽食をとったり、お土産を買ったりして楽しく時間を過ごしました。飛行機の中はほとんど寝ていました。また仁川空港について韓国料理をたべたりしてフライトまでの時間を過ごしました。そしてまた飛行機の中で仮眠をとってついに日本に到着しました。無事に帰国できたことと日本にいることの安心感を得たとともに、バギオに戻りたいという複雑な感情を持ちました。

625560

 

この留学を振り返って

 この1週間は私にとって一生忘れることのできない経験になりました。実はマニラについて学校に向かう途中に交通事故にあったのです。本当に不幸中の幸いで大きなけがはなかったのですが、怖い経験をしました。これからやっていけるか不安でした。日本人のサポーターの方が手厚くお世話をしてくださり、本当に精神的に支えられました。

休んで、予定通りに授業に参加していくと、毎日が忙しく充実していた成果、事故のことなどすっかり忘れてしまい、有意義な日々を過ごすことができました。そして最終日にはまたこのアカデミーに戻ってきたいと思うようになりました。こんなに怖い思いをしたのにもかかわらずそう思えたのはすごいと思います。きちんとサポートしてくださる方々がいるので、最悪のことがあっても乗り越えていけると身をもって体感しました。

 

 またマンツーマンの授業は私に英会話をする楽しさを思い出させてくれました。あれほど充実した授業は今まで受けたことがなかったので、たくさん刺激をもらいました。また自分の英語力やそれ以外に足りていないものを発見することができました。たくさんの素敵なアドバイスを講師の方々からいただいたことはこれからも忘れずに心にとめていきたいです。自主参加のクラスに参加してほかの留学生からたくさん刺激をもらい、ますます自分も頑張らなければならないと感じました。

624102

 

帰国してから実践しようと思っていること

 まず何事においても自分で考える力をつけていきたいと思います。自分の意見がなかったら話すこともできないし、発言することは大切なことだと学んだからです。また日本の政治にもっと興味関心を持つべきだと思いました。こういうことはとても大切なことだと思うからです。外国人の方に日本のことを質問されても、すぐに答えることができないこともあります。

それは英会話力が不足しているからではなく、知識や関心がないからだと気づきました。また日々英語を話す機会を作っていこうとおもいます。留学をして自分を見つめなおし、視野を広げることができました。留学は本当に刺激をもらうことができますし、自分を成長させるチャンスはいくらでもあると感じます。サポーターとしてこのプログラムに参加することができて本当によかったです。お世話になった多くの方々に感謝します。ありがとうございました。

A&J田島さん

バギオでオススメのアットホームな語学学校A&Jを取材!(川原レポーター7日目)~バギオの観光地~

キャンプジョンヘイ

 

贅沢な朝食

  まず初めにバギオで有名な高級ホテルの中にあるビュッフェを食べにいきました。キャンプ・ジョン・ヘイという場所です。エントランスからとてもオシャレでクリスマスの装飾がたくさんありとてもすてきでした。中に入るとさらにびっくりする光景がひろがっていました。天気もよく、まさに最高なシチュエーションでした。

私たちは外の席に座りました。一つ一つの家具がオシャレで優雅な時間が流れていました。こんな贅沢な朝食ができるとは思っていなかったのでとてもうれしかったです。料理もとてもおいしかったです。食べ終わったあと中を探索しました。その後Baguioで1番古いと言われているスターバックスに行きました。物価が安いので驚きました。店員さんがフレンドリーでとてもよかったです。

マインズビューパーク

 

 壮大な景色

  その後マインズビューパークにいきました。階段を降りていくと、展望台から壮大な景色を見ることができました。リフレッシュできてその絶景にとても感動しました。ピンク色の毛をした馬に乗って記念撮影することもできます。とてもお勧めの場所です。

マインズビューパーク

 

 馬だらけ!

  マインズビューパークから歩いてザ・マンションに行きました。バッキンガム宮殿をイメージしてつくられたという入り口の門が印象深かったです。ヨーロッパにいるかのような雰囲気でした。その後、ライトパークにいきました。ここには数えきれない馬がいてほんとうに初めて見る光景でした。乗馬を楽しむこともできます。カラフルな色に染色された馬も数多くいました。1時間400ペソ(約860円)で楽しむことができるそうです。

ライトパーク

 

 蜂蜜をかけて食べるピザ

 一度寮に戻って休憩したりお昼寝をした後、学校の先生と一緒に美味しいと有名なイタリアン料理に行ってきました。雰囲気も最高でご飯もとてもおいしかったです。蜂蜜をかけて食べるピザは甘じょっぱくて1度たべたら病みつきになる味でした。また魚介がたっぷりはいったシーフードのパスタを食べました。どれもおいしかったです。

はちみつ掛けて食べるピザ

SM CITY BAGUIO

 夕食の後、初めてフィリピンのモールに行きました。フィリピン人は週末や休みの時間にモールで過ごすことが多いらしく、とてもたくさんのひとがいてにぎわっていました。モールから外の夜景を見下ろすことができてとても綺麗でした。周りを見渡すとカップルだらけでデートスポットだと思いました。モールはとても広くてお店も多かったです。1日過ごしても飽きないなと感じました。

SMバギオ

 

竹で作られたクリスマスツリー

 街を歩いていると、大きな広場があって、そこはたくさんのイルミネーションの装飾がありました。またその中でも目立ったのが大きなクリスマスツリーです。これはよく見たら竹で作られていて大変驚きました。たくさんの家族連れや友達、カップルがたくさんいてとても賑わっていました。クリスマスシーズンになったら行くべきスポットだと思います。

クリスマスツリー前で

 

1日を振り返って

 1日だけでバギオのいろんなところに足を運ぶことができました。日本人サポーターの方が計画から案内まで全てしていただきました。本当に最高の1日でした。バギオの街が好きになったし、まだ行けてないところも行ってみたいなと強く感じました。若者が楽しめるスポットもあるので、週末の息抜きには最高の場所だと思います。

バギオでオススメのアットホームな語学学校A&Jを取材!(川原レポーター6日目)~チャレンジすること~

A&J最後の授業

 

最終日を迎えての感想 

 あっという間に最終日が来てしまいました。正直日本に帰国したくないです。そのくらいこのアカデミーが大好きになりました。最初に授業を受けたときは正直、初めてのマンツーマンのクラスやナイトクラス、単語テストなどすることがいっぱいで疲れてしまい、やっていけるか不安でした。しかし時間がたつにつれて、タイトなスケジュールにも慣れ初め、本当に1日1日が充実していたと振り返ってみて思いました。

 A&J Baguioには素晴らしい先生方とサポーターの方々がいらっしゃいます。また留学生のみんなが本当に優しくて出会うことができてよかったと心から思いました。最初はやっていけるか不安でしたが、もう先生とのマンツーマンがうけられない、留学生のみんなと一緒にご飯を食べたりすることもできないと思うと本当に悲しいです。少人数という環境だからこそみんなが家族のような存在に思えました。

A&Jマンツーマン

 

 最後の授業

 最終日の授業は、どのクラスも自由に好きな会話をしたり、先生から多くのためになるアドバイスをもらいました。また、自分がわからないところを質問して解説を丁寧にしてくださいました。マンツーマンで会話をすることによって先生方がよく使う言葉やいい表現だと思ったことを盗んで、それをすぐにアウトプットできるところがとてもおもしろかったです。

また英会話の楽しさを実感し、もっと流暢に話すことができるようになりたいと思っています。授業の最後のほうでは先生方が一緒に写真をとってくれたり、何か英語の勉強においてわからないことがあったらいつでも連絡できるようにと連絡先も交換しました。また私が帰国してしまうことを一緒に悲しんでくれて本当にいい先生と出会ったと感じました。夜までみんなで勉強したことも本当にすべてがいい思い出です。英語に対するモチベーションを上げてくれた先生方や留学生のみんな、この環境に感謝しています。

A&Jでの楽しいひと時

 

今後の人生計画

 短期間ではありましたが、初めての留学を通してまた将来近いうちに留学を経験したいと思っています。それは留学を通して英語はもちろんですが、それ以外に大切なものを得ることができたからです。少しでも英語や留学に興味を持っていたなら、行くべきだと思いました。またみんなに会うためにこのアカデミーに戻ってきたいと思っています。

また韓国人の友達がたくさんできたので、来年の春ごろに韓国に行きいろいろ案内してもらうという計画も立てました。観光で海外に行くことはあったのですが、観光と留学はまた別物で、同じ環境で切磋琢磨に勉強しあっていく環境だからこそ築ける関係があると思います。

 また留学を通して自分を見つめなおす機会が多くありました。自分の英語力が不足しているということ、実際マンツーマンで喋ってみると言いたいことがすぐに言えず言葉が詰まってしまうこと、自分の意見を持つということから逃れてきたこと…など書きだしたら止まりません。しかし留学をしなかったら気づくことなく一生変わらずそのままいると思うし、日本からでてみることで今まで見えなかった世界や考え方、文化がたくさん見えてくると思います。

新しい環境に行くことは誰でも最初は怖いし、不安になるとおもいます。それはそこに今まで自分が見たことがなかった景色が広がっているからだと思うんです。今回の留学を通してこのことを強く感じました。ですから今後何事にも恐れずにチャレンジしていきたいです。

バギオでオススメのアットホームな語学学校A&Jを取材!(川原レポーター5日目)~大切な空間~

A&J講師陣

 

フィリピン人講師について

A&Jの講師の方々はフレンドリーでなおかつ個性的で毎日多くの授業を受けますが、飽きることがなくとても充実した時間を送ることができます。アメリカ出身のネイティブスピーカーの講師が1人とフィリピン人講師の方々が多数いらっしゃいます。生徒の数と同じくらい講師の方がいらっしゃったことには驚きました。

またマンツーマンのクラスが中心ですので、小部屋がたくさんあります。小部屋には講師の方々のネームが書いてあり、自分の担当の講師の部屋にいき、授業をうけるというスタイルです。教室に移動する際も講師の方とすれ違うことが多いのですが、そのたびに微笑み返してくれたり、挨拶をしてくださいます。このフレンドリーさがとても居心地が良くて、アットホームだなと感じます。

授業はその時間によってやることが違うのですが、どの授業も自分の意見を発言する時間が必ずあります。その際に言葉がでてこなかったり、間違った文法を言ってしまうのですが、その都度自分が間違っているということを教えてくださり、学ぶことができます。

またフィリピン人講師の方の英語は訛りがなく、きれいな聞き取りやすい発音です。聞いていて理解しやすいです。またプライベートの話もされるので、日常英会話を自然と学ぶことができます。また私が本当に理解しているのかというのを常に気にかけてくださいます。もし私が曇った表情をしていたり、ここがわからないと言ったら、理解できるまで例文を用いたり、違う言い回しで丁寧に説明してくれます。これがマンツーマンの醍醐味だと感じることができます。先生を独り占めできる環境は日本では少ないと思うのでとてもいい環境で英語を学習できていると実感することができます。

私は半年前までフィリピン人の講師が多くいらっしゃるオンライン英会話をやっていました。その時も感じたことは本当に訛りがなく正確な英語を話しているということです。なんでこんなに英語が上手なのだろうと疑問に思うくらいでした。実際フィリピン人の講師の方々に会ってみても同じように思いました。そのような講師の方々を独占できるのは、英語を学習するうえで最高の環境だと感じます。

授業

 

 自分を見つめなおして

 この留学は自分を見つめなおす機会を多く作ってくれています。

まずA&Jで授業を受けていく中で、様々な講師の方や日本人サポーターの方からたくさんのアドバイスをいただきました。またマンツーマン授業とナイトクラス、単語テストなどすべて含めて1日8時間以上は授業があります。日本にいたらこんなに勉強することはできなかったので大変だし疲れはありますが、その分理解するスピードが深まりますし自分のこれまでの勉強時間や方法を反省し改善しようとおもうことができました。また英語を学ぶことへの楽しさを改めて気づくことができます。なぜならインプットしたことをアウトプットできる環境にいれるからです。

さらに自分の英語の課題や内面的な部分も見直すことができました。ディスカッションの授業があるのですが、その時に自分の意見を言うことがとても難しく感じます。なぜなら自分の意見を日ごろから持つ習慣がないからです。自分の意見を持ち発言することの大切さを学びました。授業は明日で最後ですが、多くのことを吸収していきたいとおもいます。

食事中

 

 周りの留学生

A&J Baguioには日本人、韓国人、中国人、サウジアラビア人などの留学生が見受けられます。授業は主にマンツーマンですがそれ以外の授業で一緒になることも少なくありません。特にディスカッションの授業では、韓国人の留学生の発言が多いことに驚かされます。何事にも自分の意見をもち、わからないことがあったらすぐに質問をする姿をみて、刺激をうけました。彼らを見ていると見習うことがとても多いです。

A&Jは少人数なので、モーニングやランチ、ディナータイムなどはいつも顔をみる人たちと一緒に食べます。ここにきて数日しかたっていないのにみんな挨拶をしてくれるのでアットホーム感がとても強いです。少人数ならではの良さだと感じました

また、フリータイムなどにも生徒や講師の方たちと話して過ごすことがほとんどです。ですからホームシックには1度もなっていません。落ち着く環境で勉強できることはとても最高だと感じました。なによりこの学校で過ごす人みんなが優しくて大好きになりました。あと少ししかすごせないと思うととても悲しいです。一瞬一瞬を無駄にすることなく残りわずかな生活を過ごしていきたいです。

ワイルド講師

無料レポートプレゼント

代表あいさつ

フィリピン語学留学に関するご相談・お問い合わせ

フィリピン語学留学お申し込み

reports


お客様の声


ワウルド・スタディ合同会社
(熊本下通り相談所)
〒860-0807
熊本県熊本市 中央区下通1-12-27

(くまもと阿蘇運営事務局)
〒861-2202
熊本県上益城郡益城町田原2081-10 テクノリサーチパーク内

TEL:0120-504-216


このページのトップへ