フィリピン留学 Hub

tel:050-1148-9034
ご相談・お問い合わせフォーム
熊本学園大学九州ルーテル学園大学熊本県立大学熊本外語専門学校熊本大学崇城大学


フィリピン英語留学体験談 カテゴリーの記事


フィリピン人講師に習う英語は楽しい!フィリピン留学4日目(崇城大学:岡本)

pines-classmate

フィリピーノ

どこの学校に行っても感じると思うのが、先生たちがみんな元気で授業が楽しく感じることだと思います。というのも、前回セブ留学をした際、ほかの学校に行った人たちと日本に帰ってから様々なことについて話し合った結果すべてにおいて共通していたのが、フィリピン人教師は全員面白くていろいろな話をしてくれるから、授業受けるのが楽しかったというものでした。

それは、クイサンアカデミーにも当てはまることで、テキストブックに書かれてあること以外について詳しく教えてもらったり、フィリピンの文化と日本の文化について議論したりしてもらったので日本では苦痛だった英語の授業がすごく楽しく感じました!!

pines-textbooks

テキストブックを使わないというのも決して先生たちが楽をしているということではなく、それぞれの先生が生徒に理解してもらいやすいように自分なりの個性を生かして授業を行っているので、先生によって授業スタイルが違うそうです。 

私の先生

baguio-ballot

私には凄く面白くて少しだけ豪快で男勝りなJULIEという先生がいます。授業中に以前からバロットを食べたいと思っているのだけど時間なくて食べられないんだよね。という話をしたところ、夜に出かけるから買ってきてあげる!と言ってもらいました。しかし、買ってきてもらうためには条件があり、それはJULIEの前で食べることでした。というのも、初めてバロットを食べる人の反応を見たいからというものでした。

次の日クラスに行ってみると机の上には約束通りバロットがあり、授業終わる十分前ぐらいによし!たべてみようか!!ということになり、チャレンジしました。いざ、殻を開けてみると思っていた以上にアヒルのひながいて驚きました。驚きで固まっている私の隣でなんとJULIEはビデオ片手ににやにやしていました。

pines-teacher

 授業に慣れてきて思っていたことですが、先生たちはお金を貯めるために働いていると言っていますが、実際には生徒に教えることが楽しいから先生をしているのかなと感じました。またクイサンの先生はセブの先生に比べて教えることに生きがいを感じている人が多いと思います。

というのも、私が受けている授業の半分以上の先生は、話が盛り上がってくると約一畳半の部屋で立って話し始めるからです。頑張って先生の話についていくと先生もわかってくれているのか、次第に身振り手振りが大きくなります。

 私はただ単にボードを見て授業する先生より、ボードに背を向け自分のつたない英語を向き合って聞いてくれる先生が大好きです!!

先生以外

留学に来たら、先生たちからだけ学ぶと思われている人達がいるかと思いますが、それは違います。

クイサンには大きなマーケット・食堂がありほぼ毎日使用するため、どこにでも顔なじみが出来ます。彼らと話すのに最初何を話せばよいのかわからなかったですが、この料理美味しかった!やフィリピンで有名なお菓子って何?と聞くだけですぐに打ち解け、会うたびに名前を呼んでもらえます!

 

ほかにもボディーガードやお掃除をしてくれる人もいるため、先生と生徒という関係より、友達というような関係で接することができます!先生との距離感がわからない人は初めに様々なスタッフと仲良くなるのも一つの手かもしれません!!

pines-snacks

バギオ留学でおすすめの語学学校PINESを体験!2度目の英語留学4日目

pines-student

自分に足りないところ

滞在四日目!日本で大学に行っている時と違って常に頭を働かせているからなのか、時間が過ぎるのがあっという間に感じます。私は主に日本の人にお話を伺っていますが、皆さんただ単に日本で生活するのを一時的にやめ、フィリピンで新たな友達を作り様々な考え方を得ているようでした。

また、マンツーマンの先生の中には授業中に自分のまわりにいる悪い習慣についてトピックにした先生がいましたが、自分はこれまで生活する場所・言葉などが異なれば当たり前のように考え方が違ってくるのだと思っていました。しかし、そういうことは全くなく悪い習慣についてもほぼほぼ同じ意見が出ました。例えば、爪を噛むこと・食べながら話をすること・鼻をほじることなど日本では幼い頃に親から注意されることがありました。

確かに人それぞれが感情を持ち、行動するわけで人種が違うから必ず同じような考え方が持てないと考えるのではないのだと改めて気づかされました。私は日本という狭い国で、テレビの影響のせいか日本人はほかの国の人に比べると親切で、ほかの国の人は全然親切じゃなく冷たいものだと留学する前は思っていました。ですが、いざ留学してみると、日本でも全員が親切じゃないように、他国の人にも普通に親切な人はいて、留学しに来ている人など特にフレンドリーな人が多く、廊下を歩いていたりするとMasumi!!!Where are you going now?などと声をかけてもらいました。

英語能力は当然足りないのですが、それよりも国柄で人を見極めるのでなく自分自身の目で見て勇気を出してつたない英語を使って話してたくさんの友達を作り、様々な考え方を教えてもらい、一緒になって同じ話題について語り合うほうが今の自分に大事なことだと思いました。そうすると、おのずと英語能力も追いついてくるのではないかと思います。

pines-lunch

生徒の中には遅くまで目をこすりながら勉強する人と早くにベットに入る人がいます。どちらがいいのかは人それぞれですが、私の場合自分一人だとすぐに飽きてしまうので、今はほかの人と一緒に自習していますが、いい影響をみんなから受けて自分に合った勉強法を早めに見つけたいと思います。また、生徒の中には8歳や13歳の子もいました。海外留学するのに遅いということはあっても早いということは全然なく、自分が学びたいときに学ぶ。それが本当に良いことなのだと思いました。

びっくりしたこと

昨日見つけて使用していた、アカデミー専用のトイレですが、びっくりなことにし元のドアが大きく空いています。変な話、座ったときに見えるのではないかと思ったぐらい…日本では盗撮防止などと言って隙間がないのではないのかっていうぐらい密閉されていますが、フィリピンでは結構オープンです!!そもそも、フィリピンのトイレはトイレットペーパーを流したら詰まるらしく絶対に、トイレ内にあるゴミ箱にペーパーは捨てます。

philippines-toilet

また、トイレットペーパー自体備え付けられておらず、自分で持って入ります。なので、フィリピン人のバックには必ずペーパーが入っています。ペーパーは持ち運びが楽で軽くて小さいものがスーパーには安く売ってあります。私は何度か持っていくことを忘れて、トイレに行き取りに戻ったことがあります。クイサンアカデミーの休み時間はだいたい10分しかないので、時間を有効に使うために常にトイレットペーパーを持っていることをお勧めします!

初めて英語がわかるという感覚に!フィリピン留学3日目(崇城大学:岡本)

pines-classmates

 初めてのクイサンでの授業

あっという間に火曜日が終わろうとしています!月曜日の午後から授業があったため、今日はレッスン二日目です!!! 

初日は自己紹介や先生との触れ合いといった感じで、比較的日本で習っていた英語のみで、乗り切ることができました。しかし、二日目ということで教科書を使った本格的な授業が始まりました。 先生によっては今回の留学が一週間ということで、約50ページある教科書をすべて終わらせようと大事なところだけ抑えていこうとなったものもあります。

ですが、日本の学校での授業と違って一つのセンテンスごとに理解できた?分からないところない?といった感じに確認してもらえたので、一つ一つの大事なところをなあなあにすることなく、理解していくことができました。

pines-class

私は大学でフィリピンとほかの国のハーフの先生の英語の授業を受けていてこともあって、ネイティブじゃないから…と全然思いませんでしたが、一対一で受けるというものが全く想像できなくて約一・五帖の部屋に入ったときは凄く不安でした。しかし、先生たちは私が話すのに詰まると他の言いかえをしてくれたり、フォロークエスチョンをしてくれたりしたのですぐに胸いっぱいに合った不安は吹き飛びました!

初めて知ったこと

今日私は何度か留学したり、小学校高学年から学校の授業で習っていたりした英語について驚きの新事実が発覚しました!!それは…

英語にはイギリス英語とアメリカ英語があるということ!

これについては、以前から少し違うのかな?と思っていたのでそこまで驚きませんでした。が、それ以上にびっくりしたことが、日本で習っているものは両方混ざっていたものだということ!!!!

pines-class

フィリピンではアメリカ英語を教えてもらう中で、発音の仕方やスペルと違いといった根本が異なるものが多数ありました。中にはごちゃまぜにされたセンテンスを普通に発音していたもののあり、今まで勉強していた英語は何だったのだろうと思いました…日本では様々な先生に習ったこともあってそうなったのかなと思いましたが、せっかくこの機会で知ることができたので、あと残り三日ですが少しでも多くのごちゃまぜ英語を修正していきたいです。

日本語授業!!!

フィリピンでは当たり前のように英語で授業されるのですが、その中で最初に習うと言っても良いのが、NOUN・VERB・ADJECTIVE・ADVERB・SUBJECTなどといったものだと思います。これについては英語で説明してもらっても、すぐに理解・使えるものというわけでなく、まずは日本語で内容を分かったうえで覚える必要があります。

pines-japanese-class

しかし、日本とは違う国で日本語を理解するのも、インターネットで調べるのも限度があるともいます。そこで、活躍するのは日本人マネージャーが開授する日本人のための日本語で行う英語の授業です!!

最初の授業でまずNOUN・VERBなどの説明から入り、基本の形である五文形について教えてもらえるため、もう英語オンリーの授業とか理解できないからしたくない。と思っても、一から教えてもらえるため自分一人で悩む必要がないと思いました。オプションクラスのため受けるのは自分次第ですが、留学したばかりで英語について全然理解できないときや、自分一人だとくじけそうになる場合は受けたほうがいいと思います!!

キャンパスライフが充実!フィリピン留学2日目(崇城大学:岡本)

  pines-class

バッチメイト

フィリピンでは同じ日にはいいった人のことをバッチメイトというらしく、韓国・日本・ベトナム・台湾の人が私のバッチメイトでした。マニラからクイサンまでのバスが一緒の人もいたため昼食は韓国人の男の子たちと互いの国について話しながら食べました。

ついたその日のお昼過ぎからレベル分けテストを行ったり、キャンパス内でのツアーをしてもらったりしました。テストはREADING・SPEAKING・LISTENINGの三つでした。LISTENINGは問題用紙を配られてすぐに始め!と言われたため、何をすればいいのかすぐには理解できませんでした。しかし、テストが終わった後にそのことについてバッチメイトとお話しすることができました。テストは散々でしたが、同じ話題を持てたのは話しかけられるタイミングが出来たので良かったと思います!

pines-shopping

最初皆しゃべれないのは足り前だと思うので、何も恐れずに自分からという精神を持っていれば、すぐに打ち解けられるはずです。また、既存の生徒とはなかなかお話しできる機会がないと思うので、同じ緊張感を持っていて探り探りのような感じのするバッチメイトに、自分からたくさんしゃべりかけて、いろいろな話を聞き、バッチメイト繋がりで他の国の人に広がっていけば自分自身の英語力アップにつながるのではと感じました!!

スパルタだけどたくさんの娯楽

私が通うことになったPINES COOYEESAN CAMPUSはホテルの中にあります。基本外出禁止ですがホテル内に付帯施設として大型スーパー、サロンやジムなどがあるためスパーには門限(点呼時間)まででしたら使用できるそうです。

sightsheeing-baguio

いったん外に出てからでないと入れない(土日祝のみ行ける)近くのヘアーカット&ネイルサロンに友達が髪切りの順番待ちしていたので、私はネイルを施術してもらいました。日本だと約2000円かかるワントーンネイルがなんと、100ペソ(約200円)でした!!安くてうれしいのはもちろん、施術中はそのお店の人と楽しくお話ができリラックスするのにも英語を聞くことができ一石二鳥です!土曜日は先生たちと一緒にバスケットもできるそうなので授業以外での触れ合いもできます!!!

あたりはずれ宝くじ! 

私がクイサンで食べた初めての食事ははっきり言って、苦手でした。すっっごくスパイシーでほんの少し薄味だったからです。韓国の男の子たちにとっては全然辛くないみたいでパクパクと食べていましたが、私にとって水を片手にヒイヒイ食べるのはとても大変でした。しかし、次の日の昼食はなんとカレーライスでした!!味付けも日本で食べるチキンライスと何ら変わらなくて本当においしかったです!!!好みにもよりますがスパイシーなものが好きな人には毎日食事が楽しみで仕方ないのではとひそかに思いました。

pines-meal

月曜日は午前に学校説明などがあった後、午後からはマンツーマンの授業でした。その際先生に学校はどんな感じ?楽しい?などと聞かれたので思い切って食事について話したところ、クイサンの食事には当たり外れがあることを教えてもらいました。それもほとんどは美味しいものだから、逆に苦手なものに出会ったのは凄いよと言われました。

 後から知ったことですが、食事には韓国人向けのスパイシーなものと日本人向けのノンスパイシーが基本あるらしいです。なのでスパイシーなものが苦手な人は料理をよそいでもらうときに苦手であるということを伝えることをおすすします!!!

予測不可能な世界を楽しめ!フィリピン留学1日目(崇城大学:岡本)

leaving-manila

初めまして、崇城大学一年生の岡本麻純です!今回は三回目の留学で二回目のフィリピンです。前回はセブ島に行ったため、日本の初秋に似ているといわれるバギオに行くのはとても楽しみです。急に決まり慌ただしく過ぎ去っていった準備期間ですが、採用してくださった田中さんに感謝して今以上に英語をしゃべれるように頑張ってみます!!!

留学にガッツケ!!

留学準備、バイトと学生生活に追われるなかでチケットを受け取って一週間後、高速バスに乗り福岡国際空港へ。台湾を経由することで日本人も多いからなのか全く緊張はせずあっという間に台湾国際空港でマニラ行き飛行機待ちに…

そもそも留学に応募させていただいたのも、夢をかなえたいという思いに駆られたからです。私の夢はドイツで建築関係の仕事に就くことですが、工業高校で建築を習ううちにドイツに魅了されたことが始まりでした。高校二年の夏に単身ドイツへ行き語学学校に通いました。授業は英語でドイツ語の説明をしてもらうという方法で、中学生の時アルファベットで躓き、母と格闘を行い英語をエスケープした私にとって、ドイツ語を習うだけなのに三つの辞書を使うという大変面倒くさいさいことをする羽目になりました。

architect-germany

その時から世界共通語と言われる英語さえできていれば、世界中の人とお話しすることができると気が付き、英語をまじめに習うようになりました。自分が視野を広げることで今まで気づかなかったことや、知らなかった情報を手に入れることができました。

日本で学ぶ分にも限界があると思うで、目についた留学情報があればガッツクぞ!!という思いでここまで来ました。

予測不能だからなお楽しい!!

台湾国際空港で飛行機を待っていたとき、電光掲示板に見慣れない出発時間変更のお知らせがありました。結局約一時間半遅れでの出発、間に合うか間に合わないかの瀬戸際で夜をマニラ空港で過ごさないといけないのではないかとすごく焦りました。十二時に学校のピックアップが予定されている中で、マニラ空港到着したのは十一時五十分もう駄目だと思いながら待ってくださっていることを期待して、ピックアップ場へ…

ピックアップ場に到着し真っ先にお待たせしてごめんなさいといった際、スタッフからピックアップメンバーに入っていないとの一言。入学許可書をもらっていたことが幸いし、部屋が準備されていないといったハプニングに見舞われながら、なんとかバスに乗り込み約五時間のバス旅がスタートしました。

airport-manila

留学するにはたくさんの勇気が必要じゃない?といわれたことがありますが、実際には自分が何を目標にしてそれを実現させるために行くのであるため、勇気よりその人のやる気次第で留学の善し悪しは左右されるのではないかと私は思います。

海外では日本だと考えられないことが普通に起こったり、日本だと普通に起きることがなかったりすることが多く存在します。その際にただ焦るのではなく、自分に充て得られた留学一歩前の使命なのだと受け止め、行動していきたいところです。また、留学先(学校や語学学校)についてから頑張ろうと思うのでなく、手前の段階でハプニング起こる可能性を考えて、人に頼るのでなく英語脳になるべく近づけ英語が喋れなくてもジェスチャーで乗り越えていきたいと思います!!

 ものの考え方

夜中のバス旅は思っていたより肌寒く、バギオまでの道のりはとても遠いものでした。私が想像していたよりものどかなところでした。しかし、外の夜空を見てみると日本で見ていた星空が広がっていました。世界は本当に広くて私たちが住んでいる日本は、地球規模で見た時にとても小さいものだと改めて思いました。今回の留学は主に英語を学ぶことですが、せっかく海外の語学学校に似たような志を持った様々な国の人が集まっているので、日常生活ではできないことである、留学生たちの夢を聞いて回るという個人の目標を掲げ頑張っていきたいと思います。

teacher-pines

バギオ留学の評判を確認!英語ゼロだけど何とかなったPINES8日目

baguio-sm

こんにちは|!!皆さん、いよいよ私のレポートも最後になりました。ここまで読んでくださった方、もしいらっしゃいましたら 心からありがとうございます。大好きです。では最後のレポートも勢いよくいきましょう!ゴー!!

<前回の振り返り>

最後の日を終えて、いろんな自分のことなどを考える坂本。
土曜はほぼ24時間移動に費やすことになる・・・・。

帰国へ向けて

baguio-memory

私の最後の授業で涙した先生もいて、なんというか胸がとても温かくなった。たった一週間の私に一生懸命教えてくれた先生。拙すぎる英語で全ての気持ちを伝えることはできなかったけど、心からありがとうを言いました。

英語は全くできない坂本。多分、しゃべれる言葉は「Excuse me」「Thank you」「Delisious」くらいです。意思疎通、3割くらいできてた・・?って感じです。なのに、帰ることになったその日に友達になった皆が 頑張れよ!とか 俺の母国に来たら連絡しろよな!とか言ってくれて。特に一番最初に友達になったコリアン(27)からは「マジ寂しい、SadよりもSad ずっとメッセージのやり取り続けよう!」と言ってくれて皆ピュアかよ・・・!らぶすぎる・・・・!と感じました。いつまでもこの気持ち、忘れたくないな・・・・!

涙ながらにジョイバスに乗り込むためにバスターミナルへ。早めに出たので少し屋台やお菓子やさんにフラついてみて、心を落ち着かせようとしました。バスが出発して、空港へ。(バスの中は本当に寒いから、カイロあったほうが絶対にいい!!!!アジアンにはつらい。何枚着てても寒すぎ・・・・。)

乗り換えなどをしてほぼ24時間をかけてホームタウン 熊本に帰ることができました。

お土産一覧表

baguio-souvenir

さて、購入したお土産はこちらです。ビールを買って帰ったのですが、スーツケースの中で一本、空になってました。プルタブは空いてないのに・・・。底かどっからか漏れたようです。スーツケースの中がビッショビショになってたので、泣きそうになりました。焼いたパンみたいな匂いがこもってました(謎)

もし機会があれば、エントリーNO2で終わってるので勝手にお菓子コンテストをまた行いたいです。ドライマンゴーは、マジ美味しいです。神。お土産は明日友達に渡すので意見を聞くのが楽しみです!

baguio-sm

これからの私

 

私のこれからは、とりあえず一年は休学する予定なので留学に向けての準備を進めていこうと思います。英語をもっと流暢にしゃべることのできる私になったら少しは見える世界が変わるかもしれないので、それもまたとても楽しみです。

フィリピンにいた時は、毎日を丁寧に生きることの楽しさをとても感じました。レポートを書かなければならない、という理由で全てのことにアンテナを張っていたので日本にいるときよりも感受性が豊かになった気がします。このような気持ちで、日常を過ごすことは大切だと感じます。小さなことに感謝できて、楽しめる人間になることは私の目標でもあるので!

airport

このような機会を知ることができ、採用していただいことに感謝しています。今回の募集の投稿をシェアしてくださって、私が知るきっかけを作ってくださった未来会議室の方、私の大好きで大好きなゼミの丸山先生。一緒に行った頼れる19歳 麻純ちゃん。パインスの先生と日本人マネージャー。そこで出会った友達。そして最後に今回の企画とすべてのサポートをしてくださったエージェント田中さん。心より感謝申し上げます。ラブ!!!

これからこの経験を生かしていきたと思います。今の私は、すべて助けていただいた皆さんのおかげです。本当に心からありがとうございます。

私のレポートを読んで、少しでもフィリピンを身近に感じていただけたなら、私の中では大成功です。最後になりましたが、読んでいただきまして心より感謝申し上げます。またどこかで接する機会がありますように・・・!

以上になります。

baguio-life

written by 坂本 未来(熊本県立大学 総合管理学部3年 21歳)

バギオ留学の評判を確認!英語ゼロだけど何とかなったPINES7日目

pines-teacher

皆さんこんにちは!いよいよ今日がフィリピンに滞在する最後の日になってしまいました。信じられない。もっと勉強したい!!(と、自分の口から出てくるのが驚きすぎる)

 <前回の振り返り>

先生との信頼関係が、短い期間だけど(だからこそ?)でき始めている気がしています。もっとスムーズに会話したいものだ!!

  お土産選びのコツを学んだ坂本

pines-teacher

最後の授業、いつも通り進める先生もいれば、いろんな日本の話を質問してくれる先生もいて様々でした。先生たちにあげる予定のお土産たちを、授業を中断して選んでもらうことにしました。一応、インターネットで調べてきてフィリピン人に喜ばれるものをチョイスしてきました。が、現地のスーパーでは日清のカップ麺は普通に売ってあるので買わなくてよかったなと若干後悔しました(笑)

さて、私の出身地は熊本です。その愛すべきキャラクター「くまモン」のハンカチは、「ミライのhome townを忘れないでいられるから!」「フェイスパックやお菓子は使ったり食べてしまうと無くなってしまうけどハンカチは無くならないから!」という理由で選んでくれたので、「残るもの」「自分の特徴が表れているもの」を用意すると喜んで選んでくれるのかな、と思いました。

pines-item

また、折り紙の鶴を折ってそれもあげたんですが「めっちゃもらったことある!」って言ってたので「ど定番かよ!」と思いました。折り紙を使って創作するなら、何か変わったのをあげると喜んでくれるそうです。(麻純ちゃん談)

そして、私は先生に「おもしろフェイスパックを選んだなら、絶対に写真を撮って送るんだぞ!」と念を押したのでそういった形で「残る」のもユニークで結果的に良かったと思いました。

 パインスの先生達は本当に優しくて良い意味でカラッとしていてフレンドリーで人として尊敬します。たった一週間しかいない私。先生は毎回の授業に真剣に向き合ってくださったこと忘れません。

 未来の未来への展望

pines-teacher

フィリピン留学を通じて、自分自身のことを考えてみました。私の夢は決まっていません。決まってないのになんで英語を勉強したいと思うのか自分でもよく分かりません。ただ、自分の知らないことを知れるその喜びがたまりません。これから、もっと上手くなりたいと思う理想と現実のギャップに格闘していくと思います。

 私は、自分の性格を他の人の生き方と照らし合わせてみると「◯◯になりたい!」と思って努力するタイプではないと思っています。先にゴールを決めてそれに向かっての方程式を作るのではなく、どちらかというと身の回りの興味があることを少しずつ深めていったりすることの方が得意です。(前者の生き方が得意な人はとても尊敬しています)

だから特に夢とかはなくて、常に人生は準備期間なのかなと考えています。もし「◯◯をしたい!」と思った時に英語があれば何か役に立つかもしれないですしね!

それにこれからは、いろんな生き方を認める時代にどんどん変わっていくと思います。私の身の回りにも、会社に頼らず自分で仕事を作り、人を喜ばせている同世代の社会人がいます。私はそんな友人の生き方が嫉妬してしまうほど尊敬しています。

pines-teacher

私が、どんな価値を人にあげることができるのか、まだ分かりません。その価値に人がお金を払いたくなるようなものを私は創り上げることができるのか。「未来だから頼みたい」そんな風に言ってもらえることを、少しずつ私なりに返していき、そこで見つけた発見や身についたスキルがもっと大きな価値になって人にあげることができるのではないかと考えています。

私は学生で経験が浅いので、時に騙されることや、損することがこれから沢山あると思います。 

しかし、今回フィリピンで学んだ英語の勉強はもちろん、それ以外のことたちもこれからの人生に大きな影響を与えると思います。私は「挑戦する」ということは、素晴らしいことだと改めて思いました。できることから挑戦し続けることは、私の人生をより良くしていると感じています。前よりももっと、考え方はフラットになり偏見がどんどんなくなっていって 周りの意見に流されにくくなりました。より自分の「好き」という素直な感情にしっかり寄り添って耳を傾けることができるようになってきました。

 続く・・・。

 <次回予告:LAST 移動 DAY>

バギオ留学の評判を確認!英語ゼロだけど何とかなったPINES6日目

pines-friends

こんにちは!いよいよリポーターとしてやってきたフィリピン留学も佳境に入ってきました。
時の流れ早すぎ!楽しすぎ!ではまず前回の振り返りから。

<前回の振り返り>

お隣の国、韓国とのフィリピン留学の周知の差を知った坂本。先生が温かすぎて、授業が楽しすぎる・・・!相変わらずの出川イングリッシュだけど、少しずつ進歩しているような・・・?!

フィリピン人の先生との授業

わたくし坂本のお恥ずかしいお話になりますが、中学校の頃から授業中よく寝てしまうことで知られていました。得意でない授業はもちろんの事・・・、「1時間黙って座っている」というのが、苦痛でたまらない時もしばしばありました。

そんな私でもとても集中して受けていた授業があります。それは「ある先生の授業」でした。それは私が塾に通わせてもらっていた時に出会った社会科のM先生でした。私はある日、そのM先生から真剣に志望校のことを考えてみよう、と面談をしていただきました。その時のM先生の表情は、いつもの笑顔とは異なって真面目に私に語りかけられました。そして先生のお話から感じたことは「私に期待してくれている」ということでした。

今思うと、先生は私の授業態度をたしなめるために面談されたのかもしれません。しかし当時から私はバカポジティブだったので「こんな私に期待してくれてるんだ!頑張らなきゃ!」という気持ちになり、先生に褒められたいがためにテストで満点を取るまでになりました。

pines-teacher

なぜこの記憶が蘇ったかというと、まさにフィリピンの先生はそういう気持ちにさせてくれるからです。眠り姫の私が、フィリピンの授業で一切寝ることはありませんでした。一人の生徒に時間を使ってくれる授業環境の下で、先生と生徒の間には「信頼」が生まれる気がします。先生に褒められたいし、先生のことが大好きになります。先生方も「生徒の成長の期待」をしてくれていると思います。

臨む授業にしてくれたフィリピン留学

その先生が認めてくれているという空間が安心して授業に取り組めるのだと感じました。また、フィリピンの授業は「受ける」ではなく「臨む」というのが合っているような気がします。なぜなら、ず〜っと座っていればいずれ時間が過ぎて終わるような受け身スタイルの授業ではなく、いつパスがくるか分からないのでいつも頭をフル回転しなければならない突進スタイルの授業で先生と一緒に授業を作っているような感覚でした。

pines-manager

 

先生は一人ひとりユニークで、日本人が持っていない空気感を持ち合わせています。私はパインスの先生方の虜になりました。また、先生以外のフィリピン人もとっても優しい!カフェテリアの人は「一緒に写真を撮ろうよ!」と言ってくれたり、マネージャーもここに来る日本人も♡ 日本でただ生活していただけでは出会えなかった人々です。

勝手にフィリピンスナックコンテスト

フィリピンスナックランキング2位 「JACK’n JILL社 Vcut スパイシー味」

pines-snack

感想:ポテトチップスみたいなやつですね。味はちょい辛め!味付けの粉がいっぱい付いていて超美味しい。手がベタベタなるからお箸で食べたい。おつまみにもいけるんじゃないか?日本人好みのテイストです。

こんな人にオススメ!

→私は根っからの日本人でNOが言えない
→「辛いの得意だよ!」とか言いつつ本場の辛さを味わって自分の限界を知った人

pines-friend

 

バギオ留学の評判を確認!英語ゼロだけど何とかなったPINES5日目

baguio-scenery

こんにちは!バギオに舞い降りた田舎娘、坂本です。日本はえらい寒いと聞きました・・・・。バギオは半袖でもいける気候です。過ごしやすい気候というのは、やる気を左右させる大事なポイントですね!!!

<前回の振り返り>ラグジュアリーな気持ちで充実した授業を受けた坂本。だんだん、先生の言っている言葉がわかってきて「スパーーーーーーーーク!!!」状態です。

韓国と日本の留学状況って

フィリピンには多くの韓国人が留学しに来ていて、それに比べると日本人は少ないです。なぜなんだろう?と思って聞いてみました。サウジアラビア出身のKim Dae Jeongくん(23)に話を聞いてみました。彼は韓国人で、バギオの後にはオーストラリアにワーキングホリデーとして行きたいと思っているそうです。

未来「なんでフィリピンには韓国人が多いの?」

Joeng「それは、やっぱりcheapだしマンツーマンの授業が受けることが出来るからだよ。僕は、韓国にいるときに英会話塾に通っていたけど、ただ答えを教えてくれるだけだった。でもマンツーマンだと違う。それは「考え方」を勉強できる。フィリピン留学ならではだよ。特にバギオは超過ごしやすい気候だし、人は優しいし本当最高!来たことのない人は怖いところだと思っているみたいだけどそんなことないよね」

未来「もしバギオがめっちゃいいとこって知らなかった自分に戻れるとしたら、戻りたいと思う?」

Joeng「そんなん思わんよ!だって、この記憶や思い出とスキルを消したくないよ!自分にとって、本当に大事な出来事だよ。未来にとってもそうでしょ?」

pines-friends

他の韓国人の留学生にも聞いたのですが、韓国人の90%はフィリピンに勉強しに来て、10%のリッチな人はカナダや他の外国行ってるんじゃない?という意見でした。フィリピンに来た理由は友達が元々この学校に通っていたことがきっかけて自分もやってきたという意見が多かったです。

なんでフィリピンはそもそも人気なの?と聞いたところ、韓国では休暇に行くか勉強しに行く場所ということで有名なのだそう。

また、サウジアラビア人のSaleyくん(26)にも話を聞いてみました。

やっぱり、「安い、優しい、楽しい」の三拍子が揃ってて、彼は最高のフィリピン留学を過ごしてるみたいでした。ヨカッタネ!!!!!!だいたいみんな答える内容は一緒なので割愛・・・。最高すぎて思ってること一緒・・・。

baguio-friends

もっともっと私はこうなりたい。もっともっともっともっともっともーーーーーーっと。先生に話したい!!!聞いてもらいたい。聞きたい。語学を勉強するってずっとずっと限りないことで、ゴールのないことだと思う。

けど、だから少しずつ少しずつ成長していけるように・・・。私がこれから必要になってくることは「続けること」だと感じました。「耳を慣らせること」「考えを言葉にそのまま置き換えること」「英語を英語で考える頭を作ること」・・・・。日本に私は帰らなければならないけど、先生が一週間教えてくれたことを衰えさせないように、私はもっと今まで以上に英語と触れ合う時間を増やしたいです。

今度クリスティーナアギレラの曲をみなさんに披露できるように、今日から耳かっぽじって聞きまくろうと思います。セクシー。ベリーセクシー。

勝手にお菓子ランキング

クイサンキャンパスの一階のスーパーの店員さんたちはえらいなフレンドリーで美味しいお菓子とか、めっちゃ教えてきます。マジ優しい。1喋りかけたら10返してくる。

フィリピンスナックランキング1位 JACK’nJILL社 Mang Juan

baguio-snacks

感想:最初の開けた瞬間の匂いがまるでドックフード。ワン。

食べた時の味はまるでカップラーメンの茹でる前のカリカリのものを食べてるみたいな味。匂いと味のギャップ!!!!!!!触ると滴りそうなほどの油を感じることができます。

baguio-snacks

こんな人にオススメ!!!!!

→カップラーメンみたいな犬を飼っている人

バギオ留学の評判を確認!英語ゼロだけど何とかなったPINES4日目

arrived-pines
こんにちは!月曜から授業が始まり、ドキドキワクワクが止まない坂本です。皆さんは、1時間ずうっと英語で喋りっぱなしなんてこと、経験ありますでしょうか?私は現役大学生ですが、答えはNOです。それをフィリピンでは経験しています。不思議な気持ち。さて今日も参りましょう!

<前回の振り返り>

フィリピンでの「はじめてのおつかい」を経験した坂本。授業が始まったのですが、先生なんて言ってるの?の連続・・・。

 

フィリピン留学でパインスの授業を体験

初めての授業を受けました

その感想を一言。

「これは・・・・・・贅沢やな・・・・・!!!!!!!」

お察しください。

嘘です。説明させてください。なぜかというと、例えばですが、中学高校時代を思い返してください。優秀な先生ほどやはり大人気でいつも生徒に囲まれていますよね。当時、私は先生に質問するのは恥ずかしい。だって「こんなとこもわかんないの?」って思われるの恥ずかしい。と思っていました。今もそんなプライドが湧いてくることがあります。きっと先生はそんなこと思わずに教えてくれただろうに・・・。それに、人気の先生だから限られた時間で理解できないことを全部教えてもらうのは難しかったのです。

その前置きを踏まえて、言わせてもらいます。

「フィリピン留学って贅沢や!!!!!!!!!」

pines-class

それはマンツーマンの授業があるから、そう感じました。分かんないことあったら、すぐに先生に質問できます。一コマの授業はずっと先生は私だけのために時間を使ってくれます。それに「わからないことが前提」で授業を行ってくれるため、恥ずかしがらずなんでも聞けますし下手くそな文法めちゃくちゃの英語でも一生懸命理解してくれる姿勢で聞いてくれます。

 

フィリピン留学のマンツーマンのここがすごい!

それに、授業内容が「痒かったところに届いてる!」感がすごいです。どういうことか。例えば、私は「この発音で通じるのかな?」さえも思っていなくて「これが今まで指摘されたことないから、正解の発音だ!」と思っていました(笑)お恥ずかしいことに。そんな私に、ちゃんと丁寧な発音の指摘をしてくれて、「何が正解か間違いかわからない」というモヤモヤした状態から「どうすれば正解に近づけるか」に変化した気がします。

これって・・・・。めちゃくちゃすごいことだと思います。だって、日本で他国でこういう授業スタイルしている学校ってあるんですか?無知なのであったら教えてください。ハッピーターン1年分差し上げます。

pines-classroom

私は高校受験、大学受験、と英語の勉強をテストのために勉強していました。大学に入学して、そのほとんどの記憶が綺麗さっぱりの状態です。しかし、私の高校のスパルタ英語教師Y氏が3年間なんっかいも言われていたことや、かの有名参考書「ネ◯ステージ」で見た単語、熟語、連語たち・・・・

残ったほんの少しの記憶がよみがえり、「えっあの時習った言葉、こういう時に使うの・・・・!」とか「うわぁ、めっちゃあの言葉使えるやん・・・!」と久々に会えた友達のように懐かしさと、嬉しさがいっぱいです。でも、その古い友達と全然仲良くなかったから、どんな性格かも知らなくて後悔でいっぱいです。また1から仲良くするつもりです。

 

知りたい欲求が生まれるパインス

「分かる」というのは「分ける」から語源が来ていると聞いたことがあります。私は、日本で学んだ「机に向かって勉強するスタイル」をベースにフィリピンでは「それを実際にどう使うのか?」というのを「分けて」「整理」している状況だと思いました。それが、とても、心地良いです。「勉強」ってイヤイヤしながらするイメージだけど、ここではそうではないことに気づきました。「新しい知識を得て、活かせる!!」と思うととても、すがすがしいのです。

フィリピンの先生と話したくて、ジョークを理解したくて、他の生徒ともっと話したくて、伝えたくて、聞きたくて、知りたくて、たまらない。私の言葉を、一生懸命聞いてくれるから、なおさら。だから、もっともっと知識を入れたい。常に実戦と隣り合わせだから、モチベーションは保っていられるような気がします。しかもマンツーマンだから、喋らないとかありえないんで・・・(笑)

pines-teacher

そのような感じで授業スタイルは予想していたよりもはるかに充実していました。

フィリピン最高か。

次回に続きます。

<次回予告:他国の留学状況って?>

無料レポートプレゼント

代表あいさつ

フィリピン語学留学に関するご相談・お問い合わせ

フィリピン語学留学お申し込み

reports


お客様の声


ワウルド・スタディ合同会社
(熊本下通り相談所)
〒860-0807
熊本県熊本市 中央区下通1-12-27

(くまもと阿蘇運営事務局)
〒861-2202
熊本県上益城郡益城町田原2081-10 テクノリサーチパーク内

TEL:0120-504-216


このページのトップへ