フィリピン留学 Hub

tel:050-1148-9034
ご相談・お問い合わせフォーム

バギオ留学奮闘記!スパルタ式で英語を身につけろ!(BECI編)初日

airport-departure

フィリピン留学への意気込み

今日からいよいよフィリピンへ出発します。正直、とても不安で緊張しています。なぜなら今回が初めての海外だからです。そのうえ、私が今回受けるクラスはスパルタコースだからです。しかし、スパルタコースを体験できることは、私にとってのチャンスだと感じました。私は自分を出す事が苦手です。だからスパルタコースで少しでも自信をつけたいです。

そして、自分を変えたいです。それから、自分の今の英語力が身をもって感じることができるのでこれから英語を学ぶ時の糧になると思います。そのためにも、一日一日を大切にそして楽しんで英語を学ぼうと思います。とてもハードな一週間できついと思うこともあるかと思います。でも、英語が好き、話せるようになりたい!という思いだけは忘れずに積極的に頑張ろう!と思います。1週間という期間ですが、フィリピン留学の魅力を知り、コミュニケーションをし、私が思ったこと感じたことを、友達や知らない人に伝えられるようしっかり一週間フィリピンで過ごしてきます。

フィリピン到着

flight

 福岡空港からマニラ空港まで約4時間5分、やっとフィリピンに到着しました。飛行機から見えたフィリピンの景色は空は暗いのに明かりで埋め尽くされていてキラキラしていました。フィリピン空港は、ほとんど海外の方ばかりで、フィリピン語や英語や中国語、本当にたくさんの言葉が聞こえてきて、海外(フィリピン)に来たとやっと実感できました。聞こえてくる英語で意味が理解できるのがあったときは、嬉しかったです。私も早く外人さんみたいにペラペラしゃべれるようになりたいとさらに思えた瞬間でした。

そのあとバス停に行きバギオまで行きました。すごく長い時間乗ってないといけないと聞いていたんですが、私が想像していた以上にまだかまだかととても長かったです。初め乗ったときは、スピードが速くて驚いたんですが段々慣れてきて途中いつの間にか寝ていました。

baguio-load

そしてやっと、やっとバギオに着いたと思い降りました。しかし、私が降りたのは1つ手前のバス停でした。この時、もっと英語が話せたらなと強く思いました、またこの経験をして人の話はきちんと聞くこととどれだけ言葉が大切かを身に染みて感じました。早とちりなところがあるので、きちんと人の話をきくところを反省しました。それから言葉の大切さも改めて感じました。

言葉が分からない、伝わらない経験をしてとても悔しかったしもどかしかったです。英語が全く分からない人もいる、だからその国に行く私がその国の言葉を少しでも勉強しとくべきだったと感じました。こんな感じでやっと寮につき不安だったのがさらに不安になって、頭の中が整理できないままどうにかこうにか眠りにつきました。明日はどうなるのか分からないけど気持ちを切り替えて1週間頑張ろうと思います。

無料レポートプレゼント

代表あいさつ

フィリピン語学留学に関するご相談・お問い合わせ

フィリピン語学留学お申し込み

reports


お客様の声


ワウルド・スタディ合同会社
(熊本下通り相談所)
〒860-0807
熊本県熊本市 中央区下通1-12-27

(くまもと阿蘇運営事務局)
〒861-2202
熊本県上益城郡益城町田原2081-10 テクノリサーチパーク内

TEL:050-1148-9034


このページのトップへ