フィリピン留学 Hub

tel:050-1148-9034
ご相談・お問い合わせフォーム

バギオでオススメのアットホームな語学学校A&Jを取材!(坂井レポーター8日目)~目的意識~

A&J最後の日

 

ついに帰国日!!

短くて濃い1週間が終わりました。朝、目を覚ますと寂しい気持ちでいっぱいでした。バギオの空は今日も綺麗な青空で回りの緑とよく合っています。この青空とも今日でお別れです。しっかりと目に焼き付けました。帰りは、バスで7時間かけてマニラに向かいました。

バギオの青空

7時間の移動時間はとても長かったですが、この移動時間でたくさんのことを考えていました。フィリピン留学に行く前の私は、毎日の生活に目的意識を持たずただ英語を勉強していました。しかし、今回の留学を通してこれまでの私の毎日は勉強とは言えなかったのではと気づくことができました。自分に合った勉強を見つけ、さらに目的意識を持つことで初めて勉強をすることができます。それに気づかせてくれたのがフィリピン留学です。

さらに、朝の8時30から夜の22時までマンツーマンレッスンや、グループディスカッションをしたことで英語に専念し、追い込み、自分に何が足りなくて何をどう改善していくべきなのか少しずつ見えてきました。とても短い1週間という期間でしたが、これだけの収穫がありました。だからこそ、また行きたい!フィリピンで英語を勉強したいと思う気持ちが強くなりました。

飛行機の中から

留学生の中には、一度バギオで留学して帰国してから再度留学をしに戻ってきた人や、最初は日常会話も分からなかったが3か月たった今では、日常会話以上に友達の英語の勉強の手助けをしているという人などフィリピン留学をしたことで人生が大きく変わった人はたくさんいました。私も、その中の一人になりたいです。日本帰国した今私の心は、彼らに負けたくないという気持ちといつかバギオに戻り英語を勉強したいという気持ちでいっぱいです。この思いを絶対に忘れずに、これからの英語学習に繋げていきたいです。

バギオ大好き

 

帰国後

ついに日本に到着しました。着いた時の率直な感想は、現実に戻るのかぁという寂しい気持ちでした。つまり、1週間のフィリピン留学がとても楽しく自分のためになったということです。フィリピン留学をすることができて本当に良かったと心から思います。

たった1週間という短い期間ではありましたが得たことはたくさんありました。出会ったバギオの人たちの優しさや、講師の先生との授業、留学生の勉強に対する意識の高さです。毎回の授業があっという間で、得ることがたくさんありました。それはやはり、自分に合った授業であり、マンツーマンレッスンだからこそです。私は、講師の先生の話を1分1秒も聞き逃したくなかったので携帯のボイスレコーダーで録音していました。それほど講師の先生の言葉は、私の心に響きました。私が一番印象に残っている言葉は10%の文法理解と、90%のスピーキング練習という言葉です。文法を勉強することも大事だが、それ以上にスピーキングの積み重ねによって英語力を身に着けることが大切だと講師の先生からアドバイスをもらいました。この言葉を根底にし、これからの日本での英語学習に力を入れていきたいです。

 

ついに帰国

 

1週間をみんなにシェア!

帰国して、まずやりたいことは友達にフィリピン留学も体験をシェアすることです。このような素晴らしい体験をもっと友達とシェアしたいと強く思っています。フィリピン留学、、、聞いたことはあるけど実際どうなんだろう。そう思っている人はたくさんいると思います。現に、私の友達もそうです。また、セブ島留学ではなく私が行ったバギオ留学の魅力も伝えていけたらなと思います。

クリスマス

 

これで終わりじゃない!

無事帰国し、家に帰ると講師の先生やスタッフの方々そして留学生からたくさんのメッセージが届いていました。どのメッセージにもこれからも連絡を取り合おう!という言葉が書いてありました。たった1週間という短い間でも迎えてくれて、このような言葉をかけてくれるバギオのみんなの温かさに感動しました。このフィリピン留学は終わりじゃなくて始まりなのです!!

手紙

次、バギオに戻る日までやるべきことはたくさんあります。まず、初めに日本についてよく知ることです。授業の中でお互いの文化を紹介し合う場面がありました。そこで私は相手の興味を引くようなことが言えませんでした。これは帰国後の反省点でもあります。自分の国に誇りを持ち、なおかつ知識を得、それを伝えることで他国の人々と情報を共有することができ、それは互いの国を高め合う良い機会にもなります。これは次、海外に行くときに役に立てたい1つとなりました。

次にインプットに力を入れることです。留学をするためには、準備が必要となります。今回のフィリピン留学は学ぶことがほとんどでインプットとアウトプットのフル回転で頭の中は大変でした。しかし、日本人スタッフさんから留学先でやることと、留学前にやらなければならないことを見つけることの大切さについてお話しを聞きました。留学先ではインプットしてきたものをどんどん使うこと!そのために留学前に、インプットをする。これがこれからの私に必要なことなのです。留学をより効率良く進めるために今これからが始まりなのです!

お見送り

無料レポートプレゼント

代表あいさつ

フィリピン語学留学に関するご相談・お問い合わせ

フィリピン語学留学お申し込み

reports


お客様の声


ワウルド・スタディ合同会社
(熊本下通り相談所)
〒860-0807
熊本県熊本市 中央区下通1-12-27

(くまもと阿蘇運営事務局)
〒861-2202
熊本県上益城郡益城町田原2081-10 テクノリサーチパーク内

TEL:050-1148-9034


このページのトップへ