フィリピン留学 Hub

tel:050-1148-9034
ご相談・お問い合わせフォーム

バギオA&Jの留学生の夢を聞いてきた

フィリピン留学インタビューを受けるA&Jの留学生

A&Jで留学インタビューを受ける田中さん

A&Jの留学は世界1周旅行のために

私が一人目に取材させてもらったのは、日本人留学生のたなかよしゆきさんです。香川県出身21才の大学3年生で、現在は休学をしてこのバギオに半年間留学に来ているそうです。

なぜ留学をしようときめたのかということを質問すると、たなかさんはみんなのようにちゃんとした目標は持っていないと答えました。詳しく聞いてみると、自分の夢である世界1周旅行をするために必要な英会話力を身につけたいとのことでした。100万円で行ける世界1周旅行と書いてあるポスターを見て、行ってみたいとおもったそうです。そこで英語ができたらいいなと感じたそうです。また自分がもっているゲームがすべて英語表記になっているので、それを理解できるようになりたいと思ったことが英語を学習したいと思ったきっかけになったそうです。そこでたなかさんは、大学の留学課を訪れ、何か留学のパンフレットがないか見ていたところ、フィリピンの留学を発見し、決心したそうです。

主な理由として、フィリピンの留学は欧米と比べて安いかったのが決め手となったそうです。世界1周はお金を貯めてから叶えるそうです。たなかさんの夢は、英語を使って世界中の子供をサポートするような仕事をしたいそうです。1つでも特化したものを身につけて自信につなげたいとおっしゃっていました。

たなかさんにインタビューをして思ったことは、何事も行動することが大切だとかんじました。夢は夢のままで終わらせずに叶えるために自分にはなにが必要なのかということをかんがえなくてはいけないなと気付かされました。自分のやりたいことをやって夢にむかっているたなかさんがとてもかっこよかったです。

フィリピン留学インタビューを受けるA&Jの留学生

A&Jで留学インタビューを受けるY.Iさん

看護師を経験しA&Jへ留学

私が2人目に取材させてもらったのはY.Iさんです。東京出身で28歳の女性の方です。元看護師で、現在は仕事を辞めて留学に来ているそうです。

看護師を始めてから、英語を話せるようになったらもっと仕事で活躍できるとおもったYさんは1年間オーストラリアに留学することを決意したそうです。留学を終えた後にまた看護師の仕事に復帰したそうなのですが、1年間留学をする中であまり英語力を身につけることができなかったとおっしゃっていました。

また2020年にあるオリンピックで多くの外国人が訪れ、英語を話す機会が増えると思ったYさんはもう一度留学をしたいと決心したそうです。自分の英語力を本気で伸ばしたいと思ってから短期間で安い費用で留学することができるフィリピンを選んだそうです。中でも、バギオはスパルタで特に安く、自分が理想とした環境だと思い選んだそうです。

Yさんの行動力と常に自分を成長させようとする強い姿勢をみてとても刺激をもらいました。看護師という仕事を2度もやめて留学をしているYさんをみて、それほど留学をすることは人生において価値があることだと感じました。色々な経験をされたYさんはとても気さくで優しく余裕があって本当に素敵な方だと思いました。

この学校を選んで、タイトなスケジュールは大変だけどなれたとおっしゃっていました。3ヶ月このバギオに留学をするそうなのですが、きっとYさんの英語力は伸びると確信しました。刺激をもらえる留学生の人たちと一緒に勉強できる環境はとてもすばらしいと思いました。

フィリピン留学インタビューを受けるA&Jの留学生

A&Jで留学インタビューを受ける日本人マネージャーのジョセフさん

経験豊富なA&J日本人サポータージョセフ

私が3人目に取材させてもらったのはA&J Baguioの日本人サポーター田島直人(ジョセフ)さんです。東京都生まれ埼玉育ちの30歳男性です。主に学校ではマネージャーとして働きマーケティングもやっているそうです。また日本人の留学生のサポート対応をしたり、講師として英語をおしえたりしているそうです。

またカメラマンをしたりビデオをつくったりマルチな活動をされています。大学では教育学部にはいっていて先生になる予定だったらしいのですが、俳優をされていたそうです。しかし俳優はやめて救急病院で働いたそうです。そこで夢である世界1周旅行をしたいなとおもってから、英語を身につけないといけないとおもったそうです。留学をしようと思いフィリピン留学を選んで5か月間バギオで留学をし、現在日本人サポーターとして働いているとのことでした。英語を勉強するのに限界をかんじたジョセフさんは、実践しながら英語をさらに身につけようと思ったそうです。

机の上の勉強や、学校で過ごしていても変わらないとかんじ、インターンとして学校で英語の勉強をしながらスタッフとして働きだしたそうです。留学をする前は、英語で仕事をするとは一切考えてなかったとおっしゃられていました。

留学をする前に、日本のことについてもっと学んでおけばよかったと感じたそうです。日本の政治や歴史に関して、興味を持って外国人からきかれたら答えられるようにすることの大切さを感じたそうです。また日本を出て、日本人であることのアイデンティティを持つようになったとおっしゃっていました。日本にいたら気付くことはなかったし、周りの外国人とくらべて初めて日本人だと分かるものだそうです。また英語ができないから聞かれたことにこたえられないのではなく、自分の中身がないから答えられないということも感じたそうです。英語の勉強はもちろんですが、常に自分の意見をもつことが大切だと教えてくださいました。

フィリピンのバギオを選んだ理由は安いし、マンツーマンの授業もあるからだったそうです。英語を学ぶようになったのは小さいころから英会話教室に通っていたことがきっかけだそうです。その頃は英語を純粋に楽しんでいたそうです。しかし高校にはいって英語の勉強がわからなくなり嫌いになったそうです。しかし大学受験を通して英語を勉強しなおして得意科目になり再び好きになったそうです。

田島さんの夢はスーパーマンになることだそうです。スーパーマンとはできる旦那と偉大なオヤジになるという意味だそうです。この二つがあっていい仕事をするこができるし、家族を思うことが大切だとおっしゃっていました。

英語は右肩上がりに上がることはなくていきなりぐっとあがる。英語にもスランプがあるから、その時は一度英語から離れてみることも大切だそうです。ジョセフさんは留学時代に宿題をすることがほとんどなかったそうです。自分が学ばなければいけないことが分かっていたからだそうです。スランプの時期は伸びる前の球形の時間だとおもって受け入れることが大切だとおっしゃっていました。

田島さんはいろいろな経験をされていて本当にインタビューをしていて楽しかったです。何事にももの応じせずに挑戦されている姿は素敵だなと思ったし、将来何が起こるかわからないと思いました。留学をして得ることは少なくともぜったいあるし日本にいるだけじゃもったいないなと強く思うようになりました。インタビューをしていろいろ刺激をもらいました。貴重なお話をきくことができてほんとうによかったです。

無料レポートプレゼント

代表あいさつ

フィリピン語学留学に関するご相談・お問い合わせ

フィリピン語学留学お申し込み

reports


お客様の声


ワウルド・スタディ合同会社
(熊本下通り相談所)
〒860-0807
熊本県熊本市 中央区下通1-12-27

(くまもと阿蘇運営事務局)
〒861-2202
熊本県上益城郡益城町田原2081-10 テクノリサーチパーク内

TEL:050-1148-9034


このページのトップへ