フィリピン留学 Hub

tel:050-1148-9034
ご相談・お問い合わせフォーム
熊本学園大学九州ルーテル学園大学熊本県立大学熊本外語専門学校熊本大学崇城大学


熊本外語専門学校 カテゴリーの記事


バギオ留学奮闘記!スパルタ式で英語を身につけろ!(BECI編)初日

airport-departure

フィリピン留学への意気込み

今日からいよいよフィリピンへ出発します。正直、とても不安で緊張しています。なぜなら今回が初めての海外だからです。そのうえ、私が今回受けるクラスはスパルタコースだからです。しかし、スパルタコースを体験できることは、私にとってのチャンスだと感じました。私は自分を出す事が苦手です。だからスパルタコースで少しでも自信をつけたいです。

そして、自分を変えたいです。それから、自分の今の英語力が身をもって感じることができるのでこれから英語を学ぶ時の糧になると思います。そのためにも、一日一日を大切にそして楽しんで英語を学ぼうと思います。とてもハードな一週間できついと思うこともあるかと思います。でも、英語が好き、話せるようになりたい!という思いだけは忘れずに積極的に頑張ろう!と思います。1週間という期間ですが、フィリピン留学の魅力を知り、コミュニケーションをし、私が思ったこと感じたことを、友達や知らない人に伝えられるようしっかり一週間フィリピンで過ごしてきます。

フィリピン到着

flight

 福岡空港からマニラ空港まで約4時間5分、やっとフィリピンに到着しました。飛行機から見えたフィリピンの景色は空は暗いのに明かりで埋め尽くされていてキラキラしていました。フィリピン空港は、ほとんど海外の方ばかりで、フィリピン語や英語や中国語、本当にたくさんの言葉が聞こえてきて、海外(フィリピン)に来たとやっと実感できました。聞こえてくる英語で意味が理解できるのがあったときは、嬉しかったです。私も早く外人さんみたいにペラペラしゃべれるようになりたいとさらに思えた瞬間でした。

そのあとバス停に行きバギオまで行きました。すごく長い時間乗ってないといけないと聞いていたんですが、私が想像していた以上にまだかまだかととても長かったです。初め乗ったときは、スピードが速くて驚いたんですが段々慣れてきて途中いつの間にか寝ていました。

baguio-load

そしてやっと、やっとバギオに着いたと思い降りました。しかし、私が降りたのは1つ手前のバス停でした。この時、もっと英語が話せたらなと強く思いました、またこの経験をして人の話はきちんと聞くこととどれだけ言葉が大切かを身に染みて感じました。早とちりなところがあるので、きちんと人の話をきくところを反省しました。それから言葉の大切さも改めて感じました。

言葉が分からない、伝わらない経験をしてとても悔しかったしもどかしかったです。英語が全く分からない人もいる、だからその国に行く私がその国の言葉を少しでも勉強しとくべきだったと感じました。こんな感じでやっと寮につき不安だったのがさらに不安になって、頭の中が整理できないままどうにかこうにか眠りにつきました。明日はどうなるのか分からないけど気持ちを切り替えて1週間頑張ろうと思います。

バギオでオススメのスパルタ語学学校パインスを取材!(加藤レポーター8日目)~自分に足りないものが見えた~

パインスクイサンキャンパス最後

 

帰国

マニラ空港には午前4時に到着しました。昨日バギオからのバスは11時30分出発だったので4時間半かかりました。7時間ほどかかる可能性があると聞いていたのでこんなに早く着くとは思ってもみませんでした。バスの運転は全然荒くなく居心地もとてもよかったです。外の景色も夜景が綺麗でした。私は外を見るのが楽しすぎてバスのなかであまり眠れませんでした。

マニラ空港では、お土産や食事を楽しむスペースが広くて私達も朝食を食べました。飛行機を待つ時間はとても長いと考えていましたが、買い物する時間が長くなったのでむしろ早く来て良かったと話していました。

あいにくの台風発生で飛行機の出発時間が遅れる問題も発生しました。香港で乗り換える必要があり焦りましたが、空港スタッフの迅速な行動で余裕ができました。

日本に到着してたくさんの日本語が聞こえたことで日本に帰ってきたんだなと実感しました。同時にクイサンでの生活を思い出し寂しい気持ちになりました。

パインスクイサン最後

 

感じたこと学んだこと

PINESのクイサンで過ごした日々はとても短い時間でしたが、私に初めての体験をさせてくれました。海外で英語を学ぶことは難しいと思い込んでいました。確かに授業は難しいことが多かったですが、先生がしっかりと教えてくださるので簡単に理解することができました。何度も何度も繰り返し確認するので覚え直しました。

私の英語に足りないものはボキャブラリーだと思います。会話する中でそれは何という意味かと尋ねることが多くありました。周りがわかっていることを自分が知らなくて恥ずかしいと感じ悔しい思いを感じました。

また、英語で話すと文法を間違うことが毎日で先生から直されました。書く時には問題ないのですが、話すときには頭が真っ白になってしまいました。毎日会話することで少しずつ間違いも減ってきました。話す英語に慣れていないことを実感しました。

他にも発音とスピーキングの授業は単純そうに見えて奥が深いものでした。音が少し変わるだけで別の単語になってしまうので繰り返し練習しました。私のスピーキングはイントネーションが入ってないので、先生から徹底的に指導を受けました。

基礎から学ぶことで正しい英語を使えるようになっていきました。自分のレベルに合わせて、さらにマンツーマンなので集中できるました。

授業以外でも他の国の学生とは英語を使って会話しました。 英語を使う機会が多かったことでリスニングの力が身についたと思います。普段英語を勉強していますが、話すことはあまりありませんでした。話すことの難しさがわかりこれからはもっと口に出していかなければならないと思います。

クイサンでの生活は楽とは言えませんが英語や関係をつくる貴重な時間でした。私は学んだことをいかして将来英語を使う職業につきたい。そしてもっとはっきりと自分の意見を相手に伝えたいと強く思いました。また、フィリピン留学の良いところを知ってもらいたいと思いました。この企画に参加できたことに感謝しています。

最後のデザート

バギオでオススメのスパルタ語学学校パインスを取材!(前村レポーター8日目)~乗り越えて~

ジョリビーと一緒に

 

あっという間の1週間

ついに1週間の留学が終わってしまいました。バギオから空港までの道のりが長いので私は金曜日の夜に学校を出ました。短い期間でも友達がたくさんでき、その友達が見送れに来てくれたときは泣きそうになりました。また戻ってくるんでしょ?待ってる!、と言ってもらえたときそうまで言ってもらえるほど仲良くなれて嬉しいと感じたとともに、ボロボロの文法でもあまり喋れなくてもコミュケーションが取れる”英語”がどれだけ素晴らしいかを感じました。

チャピスキャンパスは本当にストイックで英語以外の言語を喋ってはいけません。それが辛かったりくじけそうになります。日本語では言えるけど英語では何というかわからない単語がもちろんたくさんありました。しかしそれでも乗り越えられ、身に付けることができる、そういう勉強がチャピスキャンパスでは待っています!最初は辛いかもしれませんが同じ気持ちで頑張っている仲間を見ると負けてられない、私も頑張らなきゃ置いていかれると思いやる気も出てきます。

みんな同じ気持ちで同じような目標に向かい切磋琢磨する学校で、仲間とそして優しく面白いフィリピン人講師の方々とともに英語のスキルアップをしてみませんか?なんども言いますが必ず!いい結果に繋がると思います。

最後のデザート

 

レポーターを終えて

1週間という短い期間ではありましたが、学べたことは多かったです。それは英語だけでなく、例えば世界各国の年齢もバラバラな人たちと仲良くなり話したりするコミュニケーション能力や同じ目標に向かって仲間と助け合い高め合うということの大切さなど、沢山の自分を成長に導けるものを学べたと思います。英語上達だけでなく自分をプラスに繋げられるフィリピン留学がどれほど素晴らしいかを再確認しました!人種、年齢や生まれた国が違くてもすぐに仲良くでき、コミュケーションが取れる英語の素晴らしさも改めて感じました。

こんなに素晴らしい機会をいただけてとても感謝しています。自分を一回り成長させて帰国することができたと思います。これからはこの経験をこれからの未来に繋げていこうと思います!また、英語に興味がある、留学に興味があるけど一歩を踏み出せない人たちにフィリピン留学の良さを伝えて一歩を踏み出す勇気をだすきっかけづくりができればと考えています!

空港で

バギオでオススメのスパルタ語学学校パインスを取材!(前村レポーター7日目)~ネクストステージへ~

パインスの最後の授業

 

最終日を終えて

あっという間にチャピスでの生活が過ぎ去って行きました。最初きた頃より会話がスムーズにできていることが実感できる今、やはりフィリピンでの授業は英語上達に向いていると思います。最後の授業で先生に最初の頃より使う単語やイディアム(熟語)が増え、ベターな英語になったね、と褒められました!英語が全然できない人は少しでも上達し、元から英語ができる人はさらに上を目指せる環境が整っています。フィリピンに来る人たちは皆なにかしらの目標をもって協力し合い高め合っています。そうすることでコミュニケーションもとれて国際交流がとれます。

今日の授業で使ったストーリーは食べ物についてでした。そこで日本の食文化などを聞かれ、フィリピンの食文化との違いについて話し合いました。日本を出てみることで見えてくるもの、初めて知ることがあります。それは留学をした人にしかわからないし、この経験が必ず自分の成長をプラスに繋げてくれると思います。

短い間でも仲良くしてくれたルームメイトや友達、先生方はまた戻ってくるんでしょ?とジョークを挟みながらもあたたかく見送ってくれ、いい人たちやいい環境に出会えた最高の留学になりました!フィリピンは自分の英語のレベルが明らかに上がったと感じられる素晴らしい場所です。躊躇している方がいたら一歩を踏み出すべきだと思います!

パインスの最後の授業

 

将来の目標

私は将来グローバルな社会で活躍のできる人材になりたいと思っています。特に国際経済や環境保護などあらゆる面で国際協力に携わりたいと考えています。その夢の実現のためには世界で通じる英語や豊かで高度な表現力を身につけなければいけません。そのような英語を身につけるにはやはり留学が一番いいと思っています。他国の人々と交流を深めることで異文化を理解しコミュニケーション能力を高めよりネイティヴに近い英語を学べるはずです!

今回の短い留学でますます英語と距離が近づいたと思うとともに、もっともっとと欲が湧いてきました。留学は私の未来の可能性を広げてくれる最高の経験になりました!自分の将来の目標に近づくにはまだまだ足りない英語力をフィリピンでは伸ばすことができると感じました。機会があればフィリピンにまた戻ってきたいです!!

チャピス卒業

バギオでオススメのスパルタ語学学校パインスを取材!(加藤レポーター7日目)~別れ~

パインス最後の日

 

ルームメイト

 私は3人部屋で過ごしました。全て多国籍で構成されていると思っていたのですが、実際は同室は韓国人の2人です。韓国語で話すことが多いです。私と話すときには英語で話してくれますし、私に合わせて簡単な単語やゆっくりとわかりやすく話してくれます。 

 ひとりはRomnという名前で眉上の前髪が似合う可愛らしい女性です。面倒みのいいお姉さんのような性格で、私が寝坊しそうな時起こしてくれました。一緒にご飯も誘ってくれる頼りがいのある人です。

  もう一人はSunという名前で長い髪がとても綺麗な女性です。よく話しかけてくれて笑顔が素敵な人です。趣味で英語のドラマを毎日見ているためか発音が綺麗で驚きました。前に私が朝食を食べ損ねたときにはお菓子をくれました。

パインス最後の日

  一番心配していたルームシェアですが、この2人と一緒だったので快適な生活がおくれました。夜は私が早く寝てしまうのでおやすみが言えませんが朝を一緒に過ごすことができました。二人とも親切で、また、生活リズムが決まっていたのでシャワーの時間など被ることもなく問題もなかったので、部屋ではゆっくりとした時間でを過ごすことでストレスはありません。私はストレスを感じやすい性格なのでほんとにこのふたりで良かったと思います。

 部屋は1人部屋から4人部屋まで様々ですが、自分の他に誰がいるというのは寂しい思いをしません。それに協力してくれるので困ったことがあっても解決がはやくなります。 

クイサンキャンパスにて

 

最後のフィリピン

 私のPINESで過ごす最後の日です。ほとんどの学生は月単位で生活します。ですが、わたしは1週間というとても短い時間なのであっという間でした。何度も本当に1週間だけなの?と言われました。私はそうだよと答えるとみんな悲しそうな表情になります。 

 授業はここでの生活と授業の感想を聞かれました。私は授業はとても難しいかったけれど正しい英文法と単語を学べたことが私の力になったと答えるととても嬉しそうにしてくれました。授業内容ももっと個人を知るためのもので、日本に帰ったら何をするのか、もしも透明人間になったら何をしたいかなど面白い質問したばかりでした。

ルームメイトにももう行ってしまうの?と聞かれて悲しいとも言われました。6日間という短い時間ですが、一緒に過ごせたことを一生忘れないと思います。語彙力がなくて自分の気持ちをうまく伝えられませんでしたが、ありがとうありがとうと何度も繰り返しました。本当にこのふたりと過ごせて良かったと思います。

バッチメイトからは最後に小さなパーティーを催してもらいました。食堂の料理とフィリピンの料理、そして韓国料理をみんなで一緒に食べました。授業が被ることはありませんでしたが、一緒に入学したからこそ話すことも多くてとても盛り上がりました。まさか、パーティーを開いてくれるなんて思っても見なかったので、驚きました。

PINESには親切な人ばかりでした。私が1人でいると遠慮なく声をかけますし、困っている時助けてくれます。ここでの生活は一人になることがなく人の笑顔でいっぱいでした。

パインス一緒にご飯

バギオでオススメのスパルタ語学学校パインスを取材!(前村レポーター6日目)~絶対伸びる!~

パインス授業

残り少なくなって来たチャピスでの生活

チャピスでの生活もいよいよ残り2日になりました。仲良くなれたルームメイト、友達、先生方と別れるのはすごく寂しいですし、ここでの目覚めもあと一回なんだと思うともっといたいと思ってしまいます。もっといたいと思えるくらいチャピスカレッジはいいところです!先生方も、勉強する環境も、寮も、ご飯も、全てが整っていて、最初行く前はご飯はどんな感じなんだろう、寮は綺麗か、先生は気難しい感じではないか、など色々不安に思うこともありましたが払拭されるほどにいい環境でした!

今日の授業もハイレベルなものばかりで正直疲れました。毎日繰り返される日本語と英語の変換作業で脳みそがクタクタです。しかし疲れはあるものの少しずつ理解が深まってきている気がします。フィリピンに着いた時よりも積極的に会話をすることができるようになりましたし、少しずつ日本語を英語に変換する作業が少なくなってきたと思います。

パインス授業

英語ができる人は母国語を英語に、または英語を母国語に変換して理解するという作業はしないと聞いたことがあります。そうしていては時間の無駄ですし、会話が弾まないのは事実だと思います。英語を英語のまま変換せず理解でき会話できる人が、英語マスターだと思います。私も英語マスターに近づけていると、チャピスキャンパスに来て実感できるようになってきました。今日の授業で先生と会話が弾んだ時に先生が何を言っているか、自分が何を言いたいのかが英語のまますんなり理解でき、フィリピンでの留学はやはり英語の上達には最適だと感じました!1週間で実感でき始めるくらいなので、1ヶ月、2ヶ月いればもっと伸びると思います!

最終日に向けて

明日が最終日ということで授業も濃く、1週間でできるだけ伸ばそうとしてくれる先生方にはとても感謝しています。宿題は確かにありますし、セルフスタディーの時間もあります。もちろん授業はギッシリ詰まってます。しかし、英語が短期間で伸びるのはこれだけのおかげじゃないと思います。楽しく濃い授業で私たち生徒のやる気を引き出してくれる先生たちの賜物です。楽しくなければ内容がハイレベルな授業は辛いだけですからね。

 私は今日、授業で先生と話している時にすんなり昨日学んだイディアム(熟語)を使って話していました。たった1時間の授業で自分のものにしていたのです。これには指摘されて自分でも驚きましたし、自分の英語力が伸びていると感じ嬉しかったです。

明日が最終日ということで寂しくはありますが、帰ってから、留学をしてみたいけど躊躇している人やフィリピン留学の良さを知らない人たちに、バギオの良さや絶対に経験してみるべきだということを伝えるため1つでもいいところを吸収して残りも頑張ります!

パインス校舎

バギオでオススメのスパルタ語学学校パインスを取材!(加藤レポーター5日目)~ここに集う生徒の強い意志~

ピュアゴールド

 

パインスの生徒

PINESで過ごしていて感じるのは留学はみんな英語が上手です。発音だけでなく、他国の留学生と普通に英語で話せることです。意思疎通が出来ているのできちんとした会話になっています。日本人だと気づかないくらいです。また、みんな積極的に会話をします。人見知りせずに初めて会う人にも話しかけます。普段は同じ国籍で集まることが多いのですが、多国籍で集まるといきなり全て英語となります。

また、ここでは一人ひとり学生証のようなものを首にさげなければなりません。新入生は青と決まっていますが、職員専用や英語しか話さない人専用のものもあります。クイサンキャンパスでは母国語を禁止していませんが、積極的に英語を学びたい人は英語しか話さないという証明ができます。実際に話して見たのですが他の生徒よりもしっかりと考えをまとめて英語で話していました。

真剣に学ぶ生徒が多く私も頑張って授業や会話に取り組もうと決断しました。生徒同士の会話の楽しさを英語でもっと実感したい、伝えたいことを英語で話したいと思います。自分の英語力が足りないせいで関わりが作れないのはもったいない、残りの数日で足りないことを身につけたいです。

 

パインスの食事

 

カフェ

学校で提供される食事は韓国料理がもとになっているので、フィリピンの料理ではありません。しかし、学校のエントランスの中にはカフェが並んでいます。お店は様々で私はカフェとカレーに挑戦してみました。

カフェでは私が何を買うか悩んでいる様子を見た店員がすぐに説明してくれました。簡単な英語で答えてくれたので早く注文できました。他の生徒からマンゴーがオススメだと聞いていたのでマンゴーを選びました。シンプルで飲みやすく自然なマンゴーの甘さでとても美味しかったです。バッチメイトのバナナシェイクもなかなかでした。

また、夕食も学校の食堂ではなくフィリピンの食事を食べたいと考えカレーを食べました。考えていたほど辛くなく、チキンとじゃがいもと人参とグリーンピースの食べやすいものでした。日本でも食べられる味なので恋しくなったときにはぴったりだと思います。

クイサンキャンパスデート

 

バギオでオススメのスパルタ語学学校パインスを取材!(加藤レポーター6日目)~充実した生活~

 

パインスマンツーマン

 

フィリピン人講師について

初めの印象は優しそう、明るいイメージでした。いまでも、変わりませんが先生は理解しているか確認するために英語で例えの説明を要求してきます。動詞であれば似たような単語を出すことでいいのですが、名詞では英語で説明しなければならないのでとてもハードです。私はvocabularyが足りないので苦戦しています。文法が間違っている場合にも、私が話終わるのを待ってもらいそれから全て直します。初歩的なところからレベルアップしたことまで教えます。新しく発見することもできました。

性格も様々で、ずっと笑っている先生や真剣そのものの表情だったりバラバラです。授業も先生によって少しずつ違うので面白いです。趣味が会う先生sueはlisteningの授業でわたしがファンタジーが好きだと話すと、映画マレフィセントを使ってくれました。そのため、内容もわかりやすく楽しい授業になりました。

日本の授業とは違い自由な内容にしてくれるので頭に入りやすいです。わからないところもわかるまで教えこんでくれるところが、この学校の授業スタイルだと思います。私も集中して授業に取り組めるので自分で驚きました。

 

ピュアゴールド

 

学校施設

この学校の珍しい特徴の一つに学校と繋がっているPUREGOLDというスーパーがあります。バギオでは唯一だそうです。日用品や食べ物が帰るので日本から忘れてきてもPUREGOLDに行けば問題ありません。それに日本と比べてとても安すくてお手頃で私も驚きました。日本製品も陳列されているので安心です。

 

洗濯物も学校内にランドリールームがあるのでそこで頼むことができます。個数の確認と何キロあるか測ってくれます。返すときにも引換券と番号で自分のものを確認できます。

学校施設が一番充実していることがクイサンキャンパスのいいところだと思います。平日でもショッピングができたりランドリーが使えたり、また、Wi-Fiも整っているのは過ごしていてストレスを感じません。共通の話題があることで生徒同士の交流をもっと楽しむことができました。

日用雑貨が揃うパインス

 

バギオでオススメのスパルタ語学学校パインスを取材!(加藤レポーター4日目)~苦手分野の克服~

ショッピング

 

バギオでの楽しみ

 フィリピンの季節は基本的に乾季と雨の時期に分かれています。今はちょうど乾季なので朝を気持ちよく迎えられます。また、景色も綺麗で毎朝起床した後に外を眺めるのが楽しみになっています。

今日は午前中から授業がありました。授業内容は自分で選択することが出来るため苦手分野を克服できそうです。また、初めて会うので必ず自己紹介をしなければなりません。何を話したらいいのか困惑しますが、先生方はゆっくり話を聞いてくださるので焦ることはありませんでした。

また、私の日本語がおかしい場合、わからなかった場合は訂正してくれるので基本的な英語をきちんと学ぶことができました。私は英語が得意ではないのでたくさん直してもらい自分でも理解できたのでここで勉強して良かったと思います。

 また、新入生は夜の8時から10時まで授業が設けられています。初めの10分間は普段の授業で使うreadingのテキストを読みます。自分が読みたいページを選択するので、授業の予習と復習になりました。

次の40分間にはvocabularyのテストがあります。まずは単語を覚えその後テストをします。基本的な単語が主になっていますが聞き慣れない単語も入っています。テストは15問単語のlistening、5問は与えられたお題の単語を使い文章を作ります。最後の1時間は自主勉強の時間で主に次のテストの予習をします。眠い時間ですが、普段先生と1対1の授業しかないため私は面白い時間だと思いました。

パインス講師と

 

バギオで外出

 フィリピンの交通はとても混雑していて運転が荒いです。前回は深夜に移動したので運転が荒くきつかったのですが、昼にタクシーに乗ってみると運転が荒いのは変わらないのにスリルを楽しんでいました。また、フィリピンの景色は爽快感がとても気持ちがよかったです。私は眠気さえ出てきて長時間だったら眠っていたのかなと思いました。また、歩行者には優しく道もあけてくれます。

 私はSSP申請用の写真を持ってきていなかったので写真を撮りにお店に行ったのですが、日本のように証明写真が撮れる機械がある訳ではなく、店員が写真を撮り加工する形式だったので驚きました。写真を撮って5分ほど待つとすぐに受け取れました。また、街には平日ながら大勢のひとがいました。外出はスリがいたりして怖いイメージがありましたが、注意していればなんともなく賑やかでゆっくりとした時間を過ごせました。

バギオの街並み

バギオでオススメのスパルタ語学学校パインスを取材!(加藤レポーター3日目)~新たな仲間~

パインスの授業

 

パインスでの食事

 PINESには60%ほど韓国人留学生が住んでいるため食事も合わせてあります。全て辛いと想像していましたが実際はスパイシーフードとノンスパイシーフードに分けてあります。せっかくなのでスパイシーフードにも挑戦してみました。そんなに辛くなく食べやすい印象を持ちました。野菜やフルーツもでるので美味しい食事を楽しめます。

また、食堂では全ての生徒が集まるため交流の場となっています。友達と食べていたり、1人で食べていると声をかけてくれる人もいました。みんな国籍関係なく気軽に話しかけてくれるので驚きましたが、賑やかな時間となりました。その後も階段や廊下で見かけるとよく話しかけてくれます。話しかけてくれる人がいるとなんだか気が落ち着きました。

パインスの飯

 

 パインスの授業と日本人スタッフについて

 私の授業は全てマンツーマンです。個室で行っているため集中することができます。先生方はみんな親切なのでわからない単語や文章があると例えを入れながら教えてくれます。授業も内容が様々でボキャブラリーや文法、発音の練習など分かれています。ホワイトボードを使っているのでとてもわかりやすく教えてくれました。

また、日本人スタッフとも会えたました。詳しい学校の説明を日本語で教えていただけたので理解することが出来ました。困った時には受付にいるのですぐに日本語で質問することができるそうです。日本人スタッフは3名しかいませんが、必ず学校にいるようなので頼ることが出来ることを知り良かったと思います。

今日は午後からしか授業はありませんでしたが、忙しい日になりました。明日からは午前中から授業があるので今日より忙しいのかなと思っています。これからもっと集中して英語を勉強できそうなのでワクワクしています。まだ慣れないこともありますが、少しずつ慣れていき試練を達成できたらと思っています。

パインスの授業

無料レポートプレゼント

代表あいさつ

フィリピン語学留学に関するご相談・お問い合わせ

フィリピン語学留学お申し込み

reports


お客様の声


ワウルド・スタディ合同会社
(熊本下通り相談所)
〒860-0807
熊本県熊本市 中央区下通1-12-27

(くまもと阿蘇運営事務局)
〒861-2202
熊本県上益城郡益城町田原2081-10 テクノリサーチパーク内

TEL:0120-504-216


このページのトップへ